充電ドックなのに、スマホケースをつけたまま差し込める Sarvi Dock(サービドック)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1
Sarvi Doc(サービドック)は、充電ドックなのに、スマホケースをつけたまま差し込めるというグッズです。
スマホケースをつけていると、普通は充電ドックに置くことができません。サイズが合わなくなるからです。Sarvi Dockは充電コネクタの部分が出っ張っており、ケースの有無にかかわらず刺せるようになっています。

使い方

縦横自由に立てかけることが出来るように設計されています。
2
様々な種類・サイズのケーブルに対応しています。
ファクトリーケーブルや、Apple  MFi認証付きのケーブル、他社製のケーブル、そしてフラットケーブルなどが使用可能です。
3
背面部には滑り止めのゴムがついているので機器を立てかけるだけで安定させることが出来ます。
4
ビデオ通話やサブディスプレイ、メール、ベッドサイドのアラームクロックなどあらゆる用途で活躍します。
5
底面には4つのナノ吸着パッドがついています。
ケーブル用の溝も設けられているので、ケーブルもすっきりと収納出来ます。
6
Apple, Samsungなど全てのスマートフォン・タブレットで使用できるので、機器ごとに専用のスタンドを購入する必要がありません。
7
スピーカーと通話口の部分が妨害されないデザインになっているので通話や着信音が邪魔されません。
8
横置き用のパーツ「ランドスケープキット」を取り付ければ縦横どちら向きでもデバイスを置くことが出来ます。
9
このようにパーツをセットすれば使えます。
10
色はブラック、グレー、ゴールドの3色があります。素材はアルミニウム製です。
11
本体の他に、ユニバーサルケーブルキット、ランドスケープキット、ベースカバーと6つのねじがついてきます。
12
これ一つで様々なデバイスの充電スタンドになるので、机の周りがすっきりしそうですね。

まとめ

お値段は$30+送料$20で、$50(約6,000円)です。
2015/1/21まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/265983363/sarvi-dock-designed-for-apple-and-android-devices/description

コメント