バイオの力で牛を使わずにチーズを作る、ベジタリアン向けチーズ Real Vegan Cheese(リアルヴィーガンチーズ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

20140701082712-milk_carton_and_duckling_scaled
Real Vegan Cheese(リアルヴィーガンチーズ)は、ベジタリアン向けチーズです。
一口にベジタリアンと言ってもいろいろありますが、このプロジェクトは肉だけではなくて乳製品も摂らないベジタリアンのためのものです。乳製品も動物由来なので食べない、という主義です。
動物を使わない、でもチーズの味は大好きだ・・そこでプロジェクト起案者が考えたのが、動物を使わずバイオの力でチーズを作るという方法です。
 
試験管に砂糖、水、改造バクテリアをいれて混ぜます。そうすると動物を使わない「ベジタリアン牛乳」ができます。
cheese4
できた牛乳からチーズを作ります。ここからは普通の製法です。
cheese5
ベジタリアンチーズができた。早速かじりつきます。
cheese2
「うめえ!」手首にvegan(≒ベジタリアン)と書いてあります。
cheese3

方法

20140702183827-stages_of_vc_v2
チーズの原料は牛乳です。牛乳さえなんとかして牛を使わずに作れば、動物由来ということは回避できます。そこでバクテリア(細菌)に牛乳を作らせます
普通のバクテリアはもちろん牛乳なんて作りません。そこでバクテリアを改造します。バクテリアのDNAに、牛乳(カゼインというタンパク質)を作る遺伝子をうまいこと挿入すると、バクテリアが牛乳を作ってくれるようになります。
cheese1
牛乳ができれば、チーズとして発酵させます。ここでも微生物が働いて(先ほどの細菌とは別です)、牛乳をチーズに変えてくれます。
こうして動物を使わないチーズを開発者は試作しました。バクテリアは動物ではないので(そもそも人間の腸にも居ます)、バクテリアを使うこと自体は問題ないということのようです。
246px-Circular_DNA_Replication.svg
またバクテリアの改造に使ったDNAは、動物由来のものではないとのことです(牛のDNAを組み込んでいない)。動物のDNAを参考にはしたとのことです。「なんのDNAを使ったのか」というは意外と問題になりやすく、豚由来のDNAをバクテリアに組み込んだために大きな問題になったことがあります。

FDA審査など

試作品までは作っているのですが、実際に販売するとなると安全性をクリアしないといけません。FDA(アメリカの食品医薬品局)の基準に従う必要があります。そこでクラウドファンディングでお金を集めて計画を進めよう、ということです。
Real Vegan CheeseはIndiegogoで2014/8/10まで支援受付中です。(支援するだけで、実際の製品はもらえないです。)
https://www.indiegogo.com/projects/real-vegan-cheese

コメント