植物を自動で育て、さらにカメラで早送り動画を撮影してくれるプランター | Bloomengine(ブルームエンジン)

admin




Bloomengine1.jpg

Bloomengine(ブルームエンジン)は自動で植物を栽培するグッズです。

使い方

Bloomengine(ブルームエンジン)はプラスチック製植木鉢のような形をしています。水やり、日に当てる、といった操作が自動化されており、最小限の労力で植物を育てることができます。主として花を意図していますが、ハーブなども育てられます。

Bloomengine2.jpg

まず圧縮された人工土をBloomengineのポット中心に設置します。

Bloomengine11.jpg

好きな種を植えます。

Bloomengine12.jpg

あとは水を入れて肥料を混ぜるだけです。

Bloomengine17.jpg

BloomengineにはLEDが搭載されており、自動的に光を当ててくれます。窓際に置く必要がなく、置き場所を選ばない手軽さがあります。

電源はACアダプターを使い、コンセントからとります。

Bloomengine4.gif

本体下部は水のタンクになっており、ポンプで水が循環します。タンクに水がある限りは水やり不要です。

Bloomengine13.jpg

さらにファンも搭載しており、Bloomengineの外から空気を取り入れるようになっています。

Bloomengine14.jpg

本体天井部分にはカメラがついています。このカメラで植物が育つ様子を自動で撮影して…

Bloomengine8.jpg

リアルタイムで観察したり、早送り動画で観察したりできます。

Bloomengine9.gif

観察はスマホアプリから行えます。

Bloomengine7.png

まとめ

お値段は$129+送料$20で、$149(約16,700円)です。

2018/11/2まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/bloomengine/bloomengine-record-your-plants-journey-in-real-tim

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons