服の模様をブレスレットに表示。自在に変えられる電子インクの特長を生かす | Eyecatcher(アイ・キャッチャー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Eyecatcher 1
Eyecatcher (アイ・キャッチャー)は、電子インクを使ったブレスレットです。
最終的に約3200万円の資金が集まりました。

使い方

Eyecatcherは、iPhoneアプリから操作することで、ブレスレット上に色々な表示ができます。
Eyecatcher 2
今着ている服を撮ったり、
Eyecatcher 10
アプリの100画像から選んで、
Eyecatcher 11
服とマッチさせることもできます。ヒョウ柄の服に対してヒョウ柄のブレスレットです。
普通ならいちいち服に合わせてブレスレットなんて揃えてられないので、こういうグッズならではないでしょうか。
Eyecatcher 12
セルフィの写真も表示します。
Eyecatcher 6
写真に手書きのイメージを加えることもできます。
Eyecatcher 7
8Mbのビルトインメモリで、iPhoneがそばになくても、12画像までのスライドショーが表示されます。
Eyecatcher 8
スライドショーの速度を調整したり、途中で他のメッセージを表示することもできます。
Eyecatcher 9
iPhoneの新着メッセージやニュース速報をブレスレット上で見られるので、いちいちスマホを取り出さなくて済みます。スマートウォッチみたいですね。
Eyecatcher 3
時間表示は1分ごとに更新されます。
Eyecatcher 4
地図も表示できます。
Eyecatcher 5
iOSデバイス (iPhone 4/5/6とiPad)上で、Bluetooth Low Energyを使って動きます。
100mAhバッテリーは1回の充電で、8000回表示を更新できます。1時間に1回表示を変えても、1年間持ちます。更新時にだけバッテリーを使い、他は電源オフで、eインクが最後の画面を表示し続けます。ここがeインクの強みですね。
Eyechatcher 13
非毒性の疎水性ナノコーティングで、耐水性です。
Eyechatcher 14
男性用に柔軟なステンレススチール製、
女性用に細いホワイトブロンズ製と、固い純銀製があります。
それぞれにS(円周165mm)、M(同180mm)、L(同200mm)の3サイズがあります。
Eyechatcher 15
アートとテクノロジーの融合ですね。

まとめ

お値段は送料別で$214(約26,000円)です。
2015/11/20で受け付け終了し、目標金額に到達しました。
スマートウォッチはいらないが、ブレスレットは欲しい、という女性に受けたのかもしれません。

コメント