割り切ってコンパクトにしたスライド式財布、ZENLETが届いたので使ってみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

zenlet1
去年Kickstarterでお金を出していたZENLETが届きました。
ZENLETはスライド式にカードが出てくる財布で、極限までコンパクトにしたところが特徴です。

内容

国際小包で届きました。クッション入りで痛まないように梱包されていました。
zenlet2
中から出てきたのがこちら。左が本体で、右はスポーツ用のストラップです。
zenlet3
これがZENLET本体。比較の500円玉と見比べるとわかるとおり、非常に小型です。一見すると財布には見えませんが・・。
zenlet4
このように各種カードを入れて使います。一応お札も入れられるようにはなっています。しかしおつりの小銭が出てきた途端、しまえる場所がなくて困りますw 一応少しなら硬貨も入りますが…。
ZENLETは、クレジットカードで殆どの支払いを済ませる、というのが大前提になっています。最近はスーパーやコンビニでもカード払いできるところが増えてきたので、日常生活で行く店が全てカードで払えるならこれで過ごせます。
zenlet5
ポイントは、自動でカードが段差つきで出てくる、というところです。ケースを開けただけで勝手にカードがずれているので、取り出しやすいです。この部分はうまくできています。何度か試しましたが、段差がつかなかったことは一度もありません。
zenlet6
裏から見るとこうなっています。
zenlet7
上から見た図がこちら。ちょっと仕上げが粗い部分もありますね。ただポケットに入れて使う財布は、使っているうちにどうしても痛みます。あまり細かいところは気にしても仕方ない面もあります。
なお表面の素材はシリコンです。わずかに柔らかい感触で、手触りは心地よいです。ひっかき傷もつきにくいです。試しに鍵でひっかいてみましたが、傷がつきませんでした。
実用性という点ではシリコンはなかなかよいです。ただし高級感は全くありません。おもちゃっぽく見えます。アクセサリーとしては不向きです。
zenlet8

実際に使ってみて

zenlet9
確かにコンパクトですが、はたして実用になるでしょうか?
実際にこれをポケットに入れて出かけましたが、意外と使えます。コンビニもスーパーもクレジットカードで払ってしまえば、これだけで用が済みます。電車もICカードで乗ることができます。
また軽くて小さいため、ポケットに入れた時に足とこすれにくいという点があります。ポケットの内側と足がこすれる感触がだいぶん減ります。
ZENLETはポケットに入れることが前提になっています。バッグに財布を入れる人にとっては、収納力が低すぎて全く話にならないと思います。

届くまでの時間

キャンペーンの締め切りが2014年8月で、届いたのが2015年6月です。10ヶ月かかりました。元々は2015年2月出荷の予定でしたが、出荷延期がありました。
高度な技術を使っているわけでもないのに10ヶ月というのは長いですが、これは開発した人が製造になれていないためです。量産するには製造委託先の工場を探すところから始めなくてはならないので、かなり大変です。Mosicsのように2ヶ月ぐらいで届くこともありますが、Kickstarterでは時間のかかることが多いです。
新しいことに挑戦してる人を応援する、忘れた頃に届く、ぐらいの感覚でいるほうがよいと思います。

まとめ

・思っていたとおり軽くてコンパクト
・カードがずれて出てくるのは便利
・実用性はある。実生活で使える
総合的に考えて、満足のいくものでした。
公式サイト: http://zenlet.co/

コメント