曲がり角はあえて表示しないシンプルな自転車用ナビ。なぜか? | BeeLine(ビーライン)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic1
BeeLine(ビーライン)は、目的地までの距離と方向だけ表示する、シンプルな自転車用ナビゲーション・システムです。
今までにもシンプルな自転車ナビはありました。今回違うのは、どの角をまがればいいか?は表示されない、という点です。
開発者はイギリス人です。

使い方

目的地に向かって走り出すと、BeeLineのスクリーンに矢印が表示されます。行くべき方向が一目で分かります。
しかしこの矢印は、どの交差点で曲がるかは表示されません。最終目的地の方向だけを指し続けます。ここがカーナビとの違いです。北を指す代わりに目的地を指すコンパス、と開発者は述べています。
Pic6
この利点は、細かい指示は出てないので、寄り道しながら自由に散策できることです。好きな道を通って目的地にまで行くことができます。
いつもと違う角を曲がってちょっとした発見があるかもしれません。でも最終目的地は見失わないという仕組みです。
Pic9
取り付け方はとても簡単です。ハンドルに巻きつけるだけです。
Pic2
使い方も簡単です。スマホに専用アプリをインストールし、表示されたマップから目的地を選ぶだけです。iPhone、Androidの両方に対応しています。
Pic3
出発地点で目的地を選ぶと、このように表示されます。どこを曲がるかは一切表示されないという、シンプル極まる作りです。
Pic4
ルートをドラッグすることで、通りたいルートを思い通りに設定することができます。
Pic5
BeeLine(ビーライン)のスクリーンは水にも衝撃にも強いので、雨などの悪天候でもクリアに見ることができます。
Pic7
ナビゲーションしていないとき、スクリーンには自転車の速度か、走行距離、もしくは時計が表示されます。非常に少ない電力で動くので、使用時間が1日20分から1時間であれば、一回の充電で1~3ヶ月は作動します。
Pic8
自転車用ですが、手で持って散歩に使ってもおもしろいかもしれませんね。歩きスマホと違って、矢印だけなら気が散らないと思いますし。

まとめ

お値段は£49+送料£10で、£49(約9100円)です。
2015/11/27まで注文受付中です。

コメント