残り物のピザを「電子レンジで」カリカリにするグッズ | REHEATZA(リヒーザ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic1
REHEATZA(リヒーザ)は、残り物のピザを電子レンジでカリカリにできる、皿とフタのセットです。

使い方

食べ残してしまったピザを電子レンジで温めなおしても、焼きたて同様というわけにはいきません。パイ生地はねっとりとなってしまい、切ろうとしてもおいそれとは切れません。熱くはなるのですが。
Pic2
そこで生み出されたのがこのREHEATZA(リヒーザ)。残り物のピザが、焼きたて同様にザックリと切れるようになるのです。
Pic3
使い方は簡単です。ピザを皿にのせ、フタをして電子レンジで温めるだけです。
Pic4
REHEATZA(リヒーザ)は、皿とフタの組み合わせです。
普通の皿は電子レンジに入れても熱くなりません。レンジが出すマイクロ波は、普通の陶器やプラスチックを素通りするからです。しかしREHEATZAではマイクロ波を吸収する皿にしていることで、皿自体が熱くなります。
Pic5
最高約150-200℃に達する皿が、パイ生地をカリカリに焼き上げます。フライパンで焼いているかのような効果で、パイ生地に含まれている水がある程度蒸発します。ただ温度はフライパンほど高くならないので、料理には使えないですが。
Pic6
フタ部分はマイクロ波を通さないようになっています。ピザの上側にあるチーズやベーコンが焦げてしまわないように、上から来るマイクロ波をブロックするという仕組みです。
その結果、パイ生地の底の部分だけ加熱されて、サクッとした食感になります。
Pic7
ピザだけでなく、残った鶏肉にも使えます。
REHEATZA20
あるいはトーストにも。これもべちゃっとしているとおいしくないです。
REHEATZA21
なかなか便利そうではないでしょうか。フライパンで暖めても同じことができますが、電子レンジの方が火を使わない分、手軽です。

まとめ

お値段は$36+送料$22で、$58(約7000円)です。
2015/11/12まで注文受付中です。

コメント