最初期のテレビゲームPONGを、一切画面なしで遊ぶという謎グッズ | Pong Project

PONG2 admin




PONG1.jpg

Pong Projectは、最初期のテレビゲームPONGを、画面なしで遊ぶという謎のグッズです。テレビの中から出てきた、とでもいうべきでしょうか。

使い方

ATARIのPONG(ポン)というゲームがあります。テレビゲームの最初期に登場したもので、パドルでボールを打ち返すだけという、ごく単純なゲームです。スマホはもちろん、ゲーム機もない時代だったので、大変画期的でした。

PONG8.jpg

そのPONGが・・・

PONG9.jpg

実物のキューブが動き、実物のパドルを動かして打ち返すゲームとしてよみがえりました。

本来はテレビ画面の中でのみ動いていたものが、テレビの外に出てきた(?)とでもいう感じです。一応、エレメカという区分になると思います。

PONG10.jpg

斜めから見るとわかりやすいのですが、液晶画面に表示されているのではなく、ガラス板の下に白いキューブとバーが埋め込まれています。これがグリグリ動きます。

PONG2.jpg

下の動画では、4:07当たりで実際に動かしています。

テーブルの下には磁石が入っていて、この磁石でキューブとバーを動かしています。

PONG14.jpg

キューブを動かすためにアームが2本入っています。これがテーブルの下で動くという仕組みです。

PONG13.jpg

操作はボタンとダイヤルで行います。ダイヤルにはもろにATARIのロゴが入っていますが・・

PONG4.jpg

それもそのはず、オリジナルのPONG開発元である、ATARIの公式ライセンス品です。

PONG5.jpg

$5000のコースだと、ATARIの伝説的な創業者ブッシュネルのサイン入りです。日本でいえば、任天堂の山内溥みたいな感じでしょうか。

PONG7.jpg

キューブが物理的に動くゲームですが、中身はコンピューター制御です。ちゃんと点数も数えてくれます。

PONG12.jpg

なかなか豪華な仕様で、テーブルとセットになっています。なぜかスマホ等を充電するUSBポートまでついています。Bluetoothスピーカー機能もあり、好きな音楽を鳴らしながらゲームができます。

PONG6.jpg

本来は画面の中で動いていたものを、わざわざ実物のキューブが動く・・別にそんなことをする必要はないのですが、ある種のユーモアですね。

まとめ

お値段は$900(約101,900円)です。送料は別ですが、かさばるもののため日本への送料は高額になると思います。

2017/4/13まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1461917284/play-atari-pong-in-your-coffee-table/description

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons