手持ちのスマホと1.1万円のコントローラーで、ルームスケールVRを行うグッズ | NOLO VR

admin




NOLO1.jpg

NOLO VRは、バーチャルリアリティ用のコントローラーです。部屋の中で人間がどう動いたか(ルームスケールVR)をゲームに反映することができます。

本体$99(約11,100円)と、他のものと比べると安価(相対的にですが)であるところが特徴です。

使い方

ゲームのダウンロード販売サイトSteamのページを見ると、バーチャルリアリティ対応のソフトが並んでいます。

NOLO17.jpg

これらSteamVRのソフトを遊ぶには、通常ならばHTC Viveが必要になります。しかし現状は10万円を超える価格となっており、高いです。

NOLO16.jpg

そこでもっと安くVRを遊べるようにしよう、というのがこのNOLOです。

NOLO18.jpg

NOLO VR自体はコントローラーです。VRゴーグル部分はついていません。

NOLO7.jpg

ゴーグル部分にはスマホを使い、コントローラーはNOLOを使います。

こうすることであまりお金をかけないで実現することを狙っています。GoogleのDayDreamや、段ボールゴーグルにスマホをさして使うことを想定しています。

NOLO19.jpg

ではNOLOは、ゲーム機の普通のコントローラーのようなものかというと、そうではありません。部屋全体の中で、人間がどこに動いたかを追跡することができます。部屋の中で歩くと、ゲームの中でも歩く、といったことができます。

ルームスケールVRはHTC Viveが実現していることですが、それにNOLOも対応しています(精度の差はわかりませんが)。

NOLO6.jpg

部屋内での人間の動きを追跡するため、ベースステーションを部屋のどこかに置きます。

NOLO4.jpg

さらにゴーグル上にもセンサーをつけます。これで人間の位置を捉えることができます。

NOLO3.jpg

手にコントローラーを持ち、手の動きも入力します。

NOLO5.jpg

例えばゴルフゲームで、クラブを持っているかのように腕を振ると・・

NOLO15.jpg

ゲーム内でもパットをすることができました。

NOLO14.jpg

段ボールゴーグルと手持ちのスマホを組み合わせることで、できるだけ安価に実現することを狙っています。

NOLO13.jpg

まとめ

お値段は$109+送料$15で、$124(約14,000円)です。SteamVRに必要なRiftCatとのセットです。

2017/3/12まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/243372678/nolo-affordable-motion-tracking-for-mobile-and-ste

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons