スタイリッシュなデザインが美しい。温度調節できる電気ケトル | Stagg EKG(スタッグイーケージー)

stagg1 admin




stagg1.jpg

Stagg EKG(スタッグイーケージー)は、温度調節や保温ができる電気ケトルです。

細かい特徴はいろいろありますが、デザインがスタイリッシュであるところが一番大きいと思います。

使い方

Staggには、さまざまな工夫が施されています。たとえば、持ちやすさを重視したハンドルです。このハンドルには重りが入っていて、手先のコントロールがしやすくなっています。

stagg8.jpg

また、注ぎ口が細めに作られています。

stagg9.jpg

これで、お湯を正確な分量で注ぐことができます。汎用性という点ではもっと太いほうがいいと思いますが、コーヒーを淹れるという点ではこのほうがいいかもしれません。

 

stagg12.jpg

EKGは電気やかんになっており、指定した温度でお湯を作ることができます。温度は、プレート上の液晶スクリーンに表示されます。

stagg2.jpg

温度調節をするには、プレート上のノブを回します。コーヒーは豆や淹れ方の種類によって最適な温度が異なるので、適切な温度調節が大切です。熱すぎて飲めないということも防げます。

stagg3.jpg

「HOLD」スイッチをオンにすると、ポット内の温度が30分間一定に保たれます。

stagg4.jpg

また、アップグレード版のStagg+ EKGの場合、アプリとBluetoothで接続することにより、電源オン/オフや温度調節の遠隔操作もできます。

stagg5.jpg

アプリにはいろいろなレシピが掲載されているので、コーヒーの淹れ方に適した温度が分かるようになっています。

stagg6.jpg

コーヒーだけでなく、ハーブティーやウーロン茶を作るときの最適な温度も分かります。

stagg7.jpg

通常バージョンのStagg EKG、タブレットアプリ経由で遠隔操作が可能なStagg+ EKGの2種類があります。

stagg11.jpg

まとめ

お値段はStagg EKGが$109(約12,800円)、Stagg+ EKGが$149(約17,500円)です。なお、発送は米国、カナダのみとなっています。

2017/2/13まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/fellow/stagg-ekg-the-electric-pour-over-kettle-for-coffee

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons