Raspberry Piのコンソール画面をPC/スマホで見る、シリアルコンソール PiConsole(パイコンソール)

admin




photo-main

PiConsole(パイコンソール)はRaspberry Pi(ラズベリーパイ)コンソール画面を、PCやスマホから見るためのオプションボードです。Raspberry Piに取り付けて使います。

なぜPiConsoleが要るのか?

Raspberry Piはクレジットカードぐらいの大きさの、小型のコンピューターです。HDMIのコネクタがついており、モニターがつなげるようになっています。

Raspberry Piは、屋外で使うことがあります。たとえばスプリンクラーの制御です。こういう場合にHDMIでモニターをつなげるのは面倒です。PiConsole(パイコンソール)があれば、ノーパソやスマホからRaspberry Piのコンソール画面を見ることができます。

もちろんネットワークがつながっていればsshで管理できます。しかし何かトラブルがあったときは直接コンソールを見たい、という場合があります。(ネットワーク自体がうまく動かないなど)

モデル

PiConsole(パイコンソール)には、3種類のモデルがあります。

PiConsole-USB

picon1

USB接続でRaspberry Piにつなぎます。Windows、Mac、Linuxからシリアルコンソールとして接続できます。

Raspberry Piに対して電源を供給する機能もあり、これをつないでいる間にRaspberry Piの電池や電源を取り替えることかできます。

PiConsole-BT

picon2

USBまたはBluetoothで接続するモデルです。両方使えます。Bluetoothは2.1です。

PiConsole-BTi

picon3

Bluetooth Low Energy(低電力版)です。こちらもUSBつきです。

どのモデルも、Raspberry PiのTxとRxピンを使用しています。その他のピンはPiConsoleを刺していても使えます。

アプリ

picon4

iOSとAndroid用に専用アプリがあります。ソフトウェアキーボードでコンソールを使えます。

タブレットはいいですが、スマホだとさすがにきつそうですね。lsと打つだけでも結構間違えそうです。

こちらはタブレットで表示しているところ。

picon5
一番安いUSBのみのモデルは$12(約1200円)です。(日本への発送は+$5)

2014/7/2まで注文受付中です。目標額には既に到達しています。
https://www.kickstarter.com/projects/1842571016/piconsole-anywhere-console-for-raspberry-pi

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons