LoL世界選手権で準決勝まで残ったプロゲームチームが作った、マウスとキーボード | Fnatic Gear(フナティックギア)

fnatic2 admin




Fnatic Gear(フナティックギア)は、プロゲームチーム「Fnatic」が作ったマウスとキーボードです。

プロゲーマーとは

fnatic2

そもそも、プロのゲーマーって一体なんだ?と思われるかもしれません。

近年ゲームで遊ぶ人が増えるに従って、大規模なゲーム大会が開催されるようになりました。上位に残った場合に賞金が出る大会もあり、そういった賞金やスポンサー料で生活する人たちが現れました。これがプロゲーマーです。

日本では格闘ゲームで活躍している梅原選手などが有名です。

大規模な大会になるとそれだけ一般プレイヤーの注目度が高くなり、チームのスポンサーにとってはいい宣伝になります。そのためスポンサーになりたいという企業も増えてきました。例えばサムソン電子は韓国でプロチームを持っています。

Fnaticとは

今回ゲーム用周辺機器を出そうとしているFnatic(フナティック)というのは、ヨーロッパを本拠地とするプロのゲームチームです。主にLeague of Legends(リーグオブレジェンド)というゲームで活躍しています。

日本ではあまりなじみのないゲームですが、世界的にはプレイヤー数が非常に多いです。全世界、一日ベースで2700万人もプレイヤーがいるという巨大なゲームです。
http://www.polygon.com/2014/1/27/5350944/league-of-legends-has-27-million-daily-active-players

プレイヤー数が多いだけあって、大会の規模も大きいです。2015年に開催された世界選手権の決勝戦はドイツのフォルクスワーゲンアレーナで行われ、賞金総額は2億6000万円も出ていました。

Fnaticはこの大会で準決勝まで残りました。全世界から競合が集まる大会で準決勝まで残れたというのは相当すごいです。

準決勝はベルギーの会場でした。左側がFnaticです。

fnatic3

プロの司会者や実況者、解説者がいます。観戦は会場だけでなくパブリックビューイングまであり、まさにプロスポーツといった感じです。

日本でもプロ実況者にはeyesさん、プロ解説者にrevolさんがいて、日本語で世界選手権の実況解説を行っていました。

fnatic4

準決勝開始前の様子。お金がかかった真剣勝負だけあって、表情も真剣です。後ろに立っているのはチームのコーチです。

fnatic5

ゲーム開始前でキャラクターをドラフトで選んでいるところ。相手キャラクターごとに相性があるため、高度な駆け引きと作戦が求められます。

fnatic12

重要な作戦目標を取ろうとしているところで逆に敵チームの強烈な集中砲火を浴びてしまい、チームが全滅してしまったところ。

Fnaticも危険は承知でしたが、相手に取られるとほぼ敗北確定なので行かざるを得ない状況でした。結果相手チームの主力選手(ミッドポジションのカサディン)に袋叩きに遭いました。

fnatic13

健闘しましたが、最終的に韓国のKoo TigersにFnaticは負けてしまいました。ユニフォームの裏を見ると、Benq(液晶プロジェクターなどのメーカー)やavast!(セキュリティソフト)がスポンサーについていることがうかがえます。

fnatic6

Fnatic Gear

そのFnaticが今回リリースしようとしているのが、ゲーム用のマウス、キーボード、マウスパッドです。

fnatic7

マウスのデザインはごく普通で、特別な機能はありません。ハードウェアの特殊な機能を使うことは反則になるので(少なくともLeague of Legendsでは)、当然といえば当然です。

fnatic8

FnaticのCGO、チーフゲーミングオフィサーによれば、動作の信頼性が高くて正確な入力デバイスが必要だ、とのことです。CGOというのも聞き慣れない言葉ですが、ある意味会社のようなものなので、うなずける話ではあります。

右に動かしたつもりが斜め上に動いてしまっては、勝てる勝負も勝てません。一瞬のスキル発動操作でチーム全体が殺るか殺られるか、という世界なので正確さは確かに重要かもしれません。

fnatic9

キーボードの方も機能的にはごく一般的なものです。特殊な配置よりも、一般的な配置の方が使い慣れているというのがあるかもしれません。

キーはちゃんと押した感覚がプレイヤーに伝わるように配慮してあるとのことです。「押したのに実は押せてなかった。そのせいでチーム全体が敵のコンボを食らって全滅した」というのではプロとして話になりませんので、重要かもしれません。

fnatic10

日本でもサッカーのファン向けにチームのユニフォームが販売されていますが、それに近い感覚かもしれません。

まとめ

お値段は、マウスとキーボードのセットが$167+送料$39で、$206(約25,200円)です。
マウスパッドのみもあります。

2015/12/10まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/fnatic-gear-esports-equipment-by-fnatic#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons