最安更新か? 21,500円の3Dプリンタがキックスターターに登場 Tiko(ティコ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tiko1
Tiko(ティコ)は、3Dプリンタです。特徴は値段が安いことです。日本円で約21,500円という驚異的な安さです。(送料別)
2014年、The Microという3Dプリンタが3万円台で登場して話題になっていました。今回はそれを上回る安さです。
開発元はアメリカです。

使い方

こちらがTiko。アーム3本でプリンタヘッドを上からつり下げる方式です。
Tiko3
筐体はきわめてシンプル。フレームはポリバケツのようです。シンプルさを追求した結果こうなったとのことです。
Tiko2
原料となるフィラメントは天井部分を開けて入れます。
Tiko4
印刷が終わったら、筐体を持ち上げて印刷物を取り出します。
Tiko5
印刷サンプルとしてエンジンが挙げられています。これを見る限りなかなかきれいな感じです。
高さ方向分解能は50μm(0.05mm)から250μm(0.25mm)です。
Tiko6
エンジンを印刷しているところ。
Tiko8
印刷範囲は、直径だと12.5cmです。高さは12.5cmまでです。
Tiko7
ちょっと印刷サンプルとして挙げられているのが少ないのが気になるところです。あと印刷物のアップの画像がないのも気になるところ。
実際に配送されて届くまで何とも言えないですが、本当に21,500円で採算割れしなければすごいです。
対応素材: PLA、ABSなど
ノズルの最高温度: 250度

まとめ

ドローンと3Dプリンターは激戦ですね。次々と新しいものが出てきます。
お値段は送料別で$179(約21,500円)です。正確な送料は今年の秋ごろ、発送先別に確定します。送料は$65(約7,800円)は超えないだろうとのことです。
2015/5/1まで注文受付中です。

コメント