なぜかスペイン人が作った、日本の妖怪風ネコのおもちゃ Wananeko(罠ネコ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wananeko 1
Wananeko(罠ネコ)は、日本の妖怪風ネコのおもちゃです。
作者はスペインのグラナダを拠点とするスペイン人です。日本の怪獣映画に影響を受けたとのことです。この罠ネコは、妖怪ウォッチブームの影響もあるのかもしれません。
javier

内容

Wananekoには背景となるストーリー(設定)があります。
むかしワナネコは、東京に捨てられた子ネコでした。
Wananeko 2
どんなに鳴いても、誰も拾ってくれませんでした。
人間を恨んで死んだワナネコは、妖怪になりました。
Wananeko 3
バスケットに化けて、扉の外で鳴きます。
Wananeko 4
扉が開くと、家の中に乗り込んで、暴れまくります。でも、ご心配なく。人を殺したりはしませんから。
追記: 作者によると、バスケットで罠を作って待ち構えるので、罠ネコという名前とのことです。
Wananeko 5
ワナネコの身長は15cmです。てかこのパンフレット、わざわざ日本語で作ってありますね…。
Wananeko 6
関節が5つあります。
Wananeko 7
武器にもなる、取り換え用の腕が付いてきます。どうでもいいけど、ロックマンやコブラっぽいような。
Wananeko 8
樹脂製の子ネコもあります。必要資金が集まったら、ソフトビニール製の子ネコも作れます。
Wananeko 9
Wananeko 10

まとめ

お値段は$55+送料$10で、$65(約7,800円)です。
2015/3/18まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/wananeko-soft-vinyl-toy-by-javier-jimenez

コメント