人間が歩いたりしゃがむと、ゲーム内で同じ動作ができる。体感VRゲーム用コントローラー KAT Walk C (カットウォークシー)

admin

Pic1.jpg

KAT Walk C (カットウォークシー)は、歩く、しゃがむという動作を検知できるVRゲーム用コントローラーです。

人間がルームランナーで歩いたりしゃがんだりすると、ゲーム内のキャラクターも同じ動作をします。まさにゲーム内に入り込めます。

使い方

VRゲームをプレイするとき、VRゴーグルをかけるため、目の前にはVR空間が広がりますが、入力自体は手でコントローラーを操作するものがほとんどでした。
それが、このKAT Walk C (カットウォークシー)を使えば、自然な動きでVRゲームをプレイすることができるのです。

Pic2.jpg

この装置の上で歩くと、ゲーム内でもキャラクターが歩きます。走ると、キャラクターも走ります。

Pic3

さらに、しゃがむと姿勢が低くなり、視点が低くなります。

Pic4.jpg

落ちている物を拾おうとすると、視点が地面へと切り替わり、物を拾うことができるのです。このように、自分の動きが全てゲーム内のキャラクターに反映されるのです。

Pic5.jpg

では操作方法です。VRゴーグルの使い方は通常と変わりませんが、この装置では、さらにこの靴を履きます。

PIc6.jpg

それから、腰にこのバンドを取り付けます。腰周りは63cmから130cmまで対応しています。

Pic7

そして、この凹面のボードの上に乗ってプレイします。身長は160cmから2m、体重は130kgまで対応しています。

Pic8.jpg

これで、広大なVR世界で思う存分ゲームをプレイすることができます。

Pic9.jpg

では仕組みです。このボードの上で歩いたり走ったりしても、この靴はグリップせずに滑ります。その時の滑り具合を光学センサーによって捉えることで、足の動きを捉えているのです。

Pic10

人は、歩くときや走るときに、多かれ少なかれ前傾姿勢となります。そして、体を動かすと、骨盤の位置が体の中心からずれます。これを腰に巻いたバンドで捉えることで、体の向きや姿勢を捉えているのです。
PSVRやOculusなど、主要なVRシステムに対応しています。

Pic11.jpg

肝心の対応しているゲームですが、SteamVRとPSVRのfree locomotion gamesに対応している、とのことです。部屋の中を歩き回れるゲームですね。

一例として、SteamVRのHalf Life: Alyxや、Skyrim VRが挙げられています。Skyrimのファンタジー世界を歩き回れるというのは、楽しそうですね。ただ現実のハイキングに近い状態になるので疲れるとは思います(笑)。ゲームの方は人体を使わずに歩き回ることを前提としていますから、大変でしょうね。

こちらはHalf Life: Alyxの動画です。人間がしゃがむことで、ゲーム内でもしゃがめています。まさにゲーム内に入り込んで、撃ちあいができます。行ったり来たりしなくていい分、RPGよりはましでしょうか。

これがあれば、VRゲームをより楽しむことができますね。

まとめ

お値段は$999+送料$369で、$1,368 (約146,000円)です。

2020/7/31まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/katvr/kat-walk-c-ready-player-one-vr-treadmill-at-your-home

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons