まさにマクロ撮影専用、自在に角度調整して照明を当てられるフラッシュライト | Adaptalux Flash Arms(アダプタラックス・フラッシュ・アームス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カメラでのマクロ撮影で光源の確保に苦労したことはないでしょうか。
一般的なフラッシュで一ヶ所だけを狙って十分な明るさで照らすのは難しいことでした。
そんな悩みを解決するのがマクロ撮影用フラッシュライトのAdaptalux Flash Arms(アダプタラックス・フラッシュ・アームス)です。
adaptalux01.jpg
アームの先端にライトが付いているので、思い通りの角度から近距離で被写体を照らせますアームは自由自在に変形するので撮影シーンに合わせた調節が可能です。
adaptalux02.jpg
実際にマクロ撮影している場面がこちら。カメラを遮らないようライト位置を調整し、なおかつ明るくなるようにライトを被写体に近づけています。撮る対象によって自在に調節可能です。
pic20.jpg
フラッシュの明るさと点灯時間は5段階で調節できます。
adaptalux03.jpg
例えばフラッシュ転送時間を短く設定すれば、下の写真のような水滴が落ちる瞬間を撮影できます。菌類ではありません(笑)
adaptalux04.jpg
アームが複数付いている場合はそれぞれ個別に設定できます。特定のアングルのライトだけを明るくしたい時に思い通りに照明を調節できます。

Adaptaluxはスマートフォンで操作できます。
撮影の途中で細かい調整が必要な場合でも本体には触れずに操作できるので、カメラやライトの位置がずれません。
adaptalux05.jpg
フラッシュの間隔は最短0.2秒なのでわずかなシャッターチャンスを逃しません。
adaptalux06.jpg
付属のフィルターを使えばカラーライトが使用できます。
通常とは雰囲気の違う写真が撮影できます。
adaptalux07.jpg
Adaptaluxは一般的な1/4インチ型のマウントに対応しているので、カメラや三脚など様々な撮影機器に取り付けられます。
adaptalux08.jpg
カメラのシャッターが切れると同時に、IRエミッターが赤外線光を発してフラッシュが光ります。
エミッターはアクセサリーシューに簡単に設置できます。
adaptalux09.jpg
Adaptaluxはバッテリーで、エミッターは単六電池2本でそれぞれ稼働します。
仕様は以下の通りです。
adaptalux10.jpg
アームは簡単に持ち歩けて最大5本まで拡張できるので屋外での撮影では特に便利ですね。
スマートフォンからすばやく操作できるので、昆虫等の生き物を撮影したい場合でも一瞬のシャッターチャンスに対応できそうです。

まとめ

お値段はAdaptalux Flash Arms(アダプタラックス・フラッシュ・アーム)£126+送料£20で、合計£146(約21,000円)です。
2019/11/17まで支援受付中です。https://www.kickstarter.com/projects/adaptalux/adaptalux-flash-arms-adaptable-flash-photography-lighting

コメント