ボトルをスピーカーに変える。外出先で音楽を楽しむちょっと変わったグッズ Cork 2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cork1.jpg
Cork 2は、ワインボトルのコルクのように使えるBluetoothスピーカーです。
同じくボトルをスピーカーにするCorkの二代目になります。

使い方

たとえばバーベキューで音楽を鳴らしたい場合。スマートフォンだけでも可能ですが、スピーカーが小さすぎてうまく音が鳴りません。
そこでボトルをスピーカーとして使って大きな音を鳴らそう、というのがこのCork 2です。
pic42.jpg
スピーカーには、筐体部分があります。その代用となるのが、Cork 2ではボトル部分です。ボトルを筐体にしているので、出先でボトルさえ手に入れればいいというわけです。ボトルはキャップ部分のサイズさえ合えば何でも使えます。
ボトルの中に音を出して、跳ね返った音を外に出すという仕組みになっています。
pic16.jpg
ボトルの種類によって異なる音を出すため、ボトルによって違う音を楽しむことができます。
pic14.jpg
Cork 2ではLEDライトの明るさを調整することもでき、色を変更することで雰囲気まで変えることができます。
pic13.jpg
スマートフォンとはBluetoothで接続します。
pic64.jpg
Cork 2にはLightとMiniの2種類があります。Cork LightにはLEDのライトを装備しています。
pic5.jpg
Cork LightとMiniはコンパクトで軽量なので、いつでもどこでも簡単に持ち運びできます。
pic32.jpg

まとめ

お値段はCork Mini $24+送料$6で、$30(約4000円)です。
Cork Light $40+送料$7で、$47(約6000円)です。
2019/11/8まで支援者受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/cork2/cork-2-bluetooth-speaker-transform-any-bottle-into-a-speaker

コメント