大きさ16cm、少し大きなスマホサイズにまで畳める折り畳み傘。携帯性は抜群 Simp

admin




Simp(シンプ)は、非常にコンパクトな折り畳み傘です。

傘であるにもかかわらず、Simpの高さは16cmしかありません。iPhone XS Maxの高さが15.7cmなので、ほぼ同じサイズです。ちょっと大きめのスマホサイズぐらいです。

下の画像で左側は通常の折り畳み傘ですが、それと比べると大きさの違いがよくわかります。

Umbrella1.jpg

重さは189gです。これも軽いほうではありますが、ものすごく軽いというわけではありません。たとえばモンベルのウルトラライトアンブレラは128g、トラベルアンブレラに至っては86gです。

Simpの場合は軽さよりも小ささを追求していると言えます。あるいは・・・軽さは追及できない、のではないかと思います。

Umbrella2.jpg

ウルトラコンパクトとでもいうべき小ささですが、もちろん広げれば普通の傘です。

Umbrella8.jpg

広げたところがこちら。特に使いづらそうな点は見受けられません。

Umbrella9.jpg

傘の直径は95cmです。折り畳み傘としては標準的な大きさです。あまりにも直径が小さいと、肩や手が濡れやすくなります。95cmならば標準的なので、長傘には劣りますが、十分なカバー範囲です。

畳んだ時が小さいからといって、広げた時に傘が小さすぎると困ります。この点をSimpはクリアしています。

Umbrella7.jpg

畳むと短いが、広げると95cmになる。これを実現するためにSimpは、折りたたみ関節の数が多いです。通常の物より△の関節がひとつ多くなっています。短くしているため一つの面が小さいですが、面の数が多いので広げた時の直径を確保できています。

Umbrella10.jpg

ただ機構が複雑になる分、軽量化には限界があったのではないかと思います。軽量化するならば、関節の数を減らして単純にする方が有利です。骨が折れないようにして、なおかつ関節を増やすとなると、ある程度の強度が必要になる。その結果189gになったのではないか、と思いました。

Umbrella5.jpg

持ち手の部分も極限までコンパクトにしています。さらにこの持ち手も平べったくなっており…

Umbrella6.jpg

傘全体も畳むと平べったくなります。縦にしてカバンに入れれば、持ち運びに便利です。

Umbrella3.jpg

まとめ

お値段はAU$ 75(約5,300円)です。送料は別途徴収です。

2019/9/3まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/simpdesign/umbrella-by-simp

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons