全長26cm、重量569g、スクロール撮影用の小型電動スライダー | SliderMini (スライダーミニ)

admin




Pic1.jpg

SliderMini (スライダーミニ)は、小型なのに可動範囲が広い電動スライダーです。

使い方

滑らかに左から右に画面が変わっていく…映画などでよく見かけるシーンです。しかしそのための電動スライダーというと、どうしても大型になりがちでした。

それが、このSliderMini (スライダーミニ)ならば、ポケットに入るサイズ(一応なんとか…)でありながら、全長26cm、重量569gと小型軽量です。

Pic2.jpg

使い方は簡単です。専用のアプリをスマホにダウンロードすれば準備完了です。アプリを通じてこのスライダーを操作したり、可動範囲やスピード、タイムラプスなどを設定することができます。

Pic3.jpg

では実際に撮影してみましょう。カメラは鉢植えの側面をとらえています。

Pic7.jpg

そこから、カメラは鉢植えの上方へと移動しています。映像にブレがなく、美しく撮影できています。

Pic8.jpg

では仕組みです。このスライダーは全長が26.2cmでありながら、可動範囲は20.32cmと、全長の95%を可動範囲としています。

いくら小型でも、移動できる範囲が狭くては意味がありません。小型かつ、限界まで移動範囲を広くしたところが工夫点です。

Pic4.jpg

動力にマイクロモーターを採用したことで、可動範囲が広くなっているのです。

Pic5.jpg

さらに、搭載重量は15kgまで保持できます。搭載できるのは大型のビデオカメラ、一眼レフやミラーレス、スマートフォン、GoProなどです。カメラ専用機を持っていなくても、スマートフォンを載せて撮影することもできます。

充電にはUSB Type-Cを使います。1回の充電で、およそ2日使えます。専用アプリは、iOS10.0以降、Android5.0以降に対応しています。

Pic6.jpg

これでスクロール撮影が楽になりますね。

まとめ

お値段は$259+送料$15で、$274 (約30,400円)です。

2018/9/28まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/slidermini-ultra-portable-smooth-camera-slider#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons