360度撮影してさらに3Dスキャンできる小型カメラ | Wunder360 S1 (ワンダー360エスワン)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic1.jpg
Wunder360 S1 (ワンダー360エスワン)は、360度撮影して、さらに3Dスキャンできるできる小型ビデオカメラです。

使い方

従来の二次元カメラは画像は前方を撮影します。
Pic2.jpg
このWunder360 S1 (ワンダー360エスワン)を使えば、周囲の景色360度も取り込めるので、表現の幅が広がるのです。静止画も動画も撮影できます。
Pic3.jpg
使い方は簡単です。ヘルメットにアタッチメントを使って固定します。
Pic4.jpg
後は歩き回って撮影するだけです。
Pic5.jpg
スマホと連携することで、画像を確認することもできます。
Pic6.jpg
PCでも見ることができます。
Pic7.jpg
小型で軽いので、犬に取り付けることもできます。
Pic8.jpg
また、3D画像も簡単に作ることができます。3Dにしたい場所を歩いて撮影します。
Pic10.jpg
撮影した画像をクラウドサービスにアップロードすれば、3D画像に変換することができます。変換後の画像は、VRゴーグルで見ることができます。
カメラ自体に深度センサーがついているわけではなく、画像から奥行きを機械学習で推定する、という方法をとっています。クラウドサービスにアップロードする必要があるのはそのためです。推定の精度がどのぐらいのものなのかは不明です。

撮影対象が移動しても追い続けるトラッキング機能もあります。撮影対象となる人がたくさんいても、画面の中心となる人を追い続けるのです。
Pic12.jpg
では仕組みです。このカメラには、両側に220度の視野がある広角レンズが付いています。この2つのレンズがとらえた画像をつなぎ合わせているのです。つなぎ合わせはカメラの中で行っています。
Pic9.jpg
簡単にパノラマ画像が撮影できるなんて最高ですね。

まとめ

お値段は$129 (約14,300円)です。送料は無料です。
2018/8/2まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/wunder360-s1-first-3d-scanning-360-ai-camera-vr-adventure#/

コメント