どこでも持ち運べる小型電子ギター、フレット数7と12が登場 | Jamstick (ジャムスティック)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic1.jpg
Jamstick (ジャムスティック)は、どこでも使えて持ち運びも便利な小型電子ギターです。

使い方

従来のエレキギターは大型で、アンプやスピーカーなどの機材も必要でした。このJamstick (ジャムスティック)ならばiPhoneやPCに接続して使うので、大がかりな機材が必要ありません。
Pic2.jpg
小型で機材もいらないので、従来は弾くことのできなかった車の中でも弾くことができます。
Pic3.jpg
専用のアプリを使用することで、初心者でもすぐに弾けるようになります。
Pic4.jpg
初心者だけではなく、本格的なプレイにも対応できます。
Pic5.jpg
では仕組みです。このギターはMIDIを利用して音を出します。そのため、小型でも本格的な演奏を楽しむことができるのです。Bluetooth接続ですのでケーブルもいりません。
Pic6.jpg
このギターのフィンガーボードにはタッチセンサーが付いています。弦を押さえると同時にセンサーが反応するので、指の位置を正確に捉えることができるのです。前の型で採用していたマグネット方式よりも精度が上がっています。
また、センサーの感度が上がったことで、前の型よりもミュートがやりやすくなりました。
Pic7.jpg
ピックアップは光学式センサーとなっていて、弾かれた弦の振動をビームで捉えます。前の型で採用していた赤外線センサーよりも精度が上がっています。単三乾電池4本、または充電式バッテリーで稼動します。
Pic8.jpg
また、前の型では1タイプのみでしたが、今回から2タイプになりました。7と12です。
最大の違いはフレット(弦のところについている区切り)の数です。前の型では5つでしたが、7では7つ、12では12個になっています。
前の型の全長は38cmでしたが、7は48cm、12は62cmとなっています。小さいほうが持ち運びが楽ですが、長いほうが演奏の幅は広がります。
Pic9.jpg
7は初心者向けですが、12は本格的プロ仕様となっています。音源は同じMIDIですが、12のほうがより本格的な音になっています。センサーの感度も上がっており、早弾きにも対応しています。
Pic10.jpg
これがあれば、自由にギタープレイを楽しむことができますね。

まとめ

お値段は$179+送料$50で、$229 (約25,400円)です。
2018/6/1まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/the-new-jamstik-guitars-for-learning-creating-iphone-bluetooth#/#perk_pref_title

コメント