車の車庫入れ、降りずにシャッターが当たらない位置であることを確認するグッズ | Park-a-Dot(パークアドット)

admin




Park-a-Dot1.jpg

Park-a-Dot(パークアドット)は、車の車庫入れ時に、降りずにシャッターが当たらない位置まで入れたことを確認するグッズです。

使い方

車で家に帰ってきて・・・

Park-a-Dot6.jpg

ガレージに車を入れます。

Park-a-Dot7.jpg

車庫に車を入れるのはいいですが、しっかり奥まで入れる必要があります。

Park-a-Dot8.jpg

入れ方が浅いとシャッターを閉じた時に車にぶつかってしまいます。いったん車を降りてシャッターにぶつからないかどうか確認し、ぶつかるような位置だった場合は・・・

Park-a-Dot11.jpg

また車に乗ってちょっと移動させます。これだと面倒です。

Park-a-Dot12.jpg

そこでどこまで進めばいいかをわかるようにするために、例えばゴミ箱でバンパーを作る。この場合はゴミ箱バンパーにぶつかれば、十分に奥に入れたということがわかります。

Park-a-Dot9.jpg

あるいはテニスボールをぶら下げて目印にする・・・。

Park-a-Dot10.jpg

そういった方法でできなくもありませんが、もうすこしスマートな方法はないか? そこで作られたのがPark-a-Dot(パークアドット)です。

Park-a-Dot13.jpg

Park-a-Dotは天井のレールや壁にとりつけます。

Park-a-Dot5.jpg

Park-a-Dotを設置した状態で車を車庫に入れると・・・

Park-a-Dot16.jpg

停止位置に到達すると、正面の壁に赤いレーザードットが表示されます。この印が見えたら車を止めます。シャッターがぶつからない位置まで車をいれることができます。

Park-a-Dot17.jpg

仕組みは単純です。ガレージの後ろに発信機を置き、車の後部が通り過ぎたことを検知するようになっています。

Park-a-Dot3.gif

検知したらレーザーで赤いドットを正面の壁に投影するという仕組みです。レーザーポインターと鏡だけでも作れそうですね。

Park-a-Dot15.jpg

Park-a-Dotはレールに取り付けるほか、壁にドリルで穴をあけてとりつけることもできます。

Park-a-Dot4.jpg

いずれの方法をとった場合でも、車の位置がぴったり車庫に入った位置でレーザードットがでるように調整する必要があります。

単三電池2本で動作し、1年以上もつとのことです。

Park-a-Dot2.jpg

まとめ

お値段は$29(約3,100円)です。現状日本へは発送していません。

2018/5/16まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/mogizmo/park-a-dot-the-most-convenient-garage-parking-aid

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons