セグウェイ社が、乗り物とパーソナルロボットを合体させたものを作成 | Loomo(ルーモ)

admin




loomo1.jpg

Loomo(ルーモ)は移動用の乗り物であり、かつパーソナルロボットというものです。バラバラのものは今までにありましたが、両方が一体化したところが特徴です。

使い方

セグウェイという会社があります。移動用の乗り物Segway PTという製品を作っています。立って乗る一人用の乗り物です。海外の広い空港で、職員が空港内を移動するのに使われていたりします。縦型なので移動時でも場所をとらないというメリットがあります。(下の写真は屋外で使用中のもの) 画像出典: Wikipedia

606px-Segway_Polizei_4.jpg

そのセグウェイが新たに作ってIndiegogoに載せたのが、今回のLoomo(ルーモ)です。

loomo18.jpg

Loomoもやはり乗り物です。バッテリー駆動で最大時速17kmまで出ます。航続距離は35kmです。

loomo4.jpg

自転車にしろなんにしろ、通常の乗り物ならば人間が降りたらあとはどこかに停めておく必要があります。

loomo5.jpg

しかし普通の乗り物と違って、降りた後も人間の後を自動でついてこさせることができます。リモコン操作ではなく自動追尾機能になっているので、手は開けたままカメラを持ったりとほかのことができるようになっています。

loomo11.jpg

用事が終わったら・・・

loomo16.jpg

もう一度Loomoに乗ってまた移動できます。

loomo17.jpg

屋内で人物を追尾させているとき・・・

loomo8.jpg

進行方向右側に小さなテーブルを見つけました。

loomo9.jpg

自動で障害物を避けて通る機能も付いており、うまくよけて通ってくれました。障害物をよけるために赤外線センサーが2つ、超音波センサーをひとつ搭載しています。

loomo10.jpg

スマホアプリをリモコンにしてLoomoをリモート操作することができます。

loomo12.jpg

リモート操作で打ち合わせに登場しました。

loomo13.jpg

スマホからメッセージを打ちこんで・・・

loomo14.jpg

Loomoからしゃべらせました。

loomo15.jpg

正面のカメラは1080pのHD解像度で動画を撮ることができます。カメラとは別にIntel RealSenseもセンサーとして搭載しており、こちらはジェスチャー認識に使っています。

loomo2.jpg

ジェスチャー認識は、カメラのシャッターを切ったりするのに使えます。

loomo19.jpg

カメラはブレ防止のためにスタビライザーも搭載しています。

loomo3.jpg

まとめ

お値段は$1,399(約148,000円)です。現状日本への発送は行っていません。

2018/4/5まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/loomo-mini-transporter-meets-robot-sidekick/x/8276897#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons