スキーのストックがなぜかウイスキーの水筒に?! 世界で最も冒険的(?)な飲み方 | WhiSki Poles(ウイ「スキー」ポールズ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WhiSkiPoles1.jpg
WhiSki Poles(ウイ「スキー」ポールズ)は、スキーのストックです。しかしなぜかウイスキーが飲めてしまうという、クレイジーなしろものです。

使い方

WhiSki Polesは一見すると、スキーで使う普通のストックです。事実、ちゃんとストックとして使えます。
WhiSkiPoles11.jpg
しかし実はストックの中空部分に、ウィスキーを入れられるようになっています。
WhiSkiPoles2.jpg
一本のストックに236ml入れられるようになっています。ウィスキーのアルコール度数を考えると、結構な量です。
WhiSkiPoles3.jpg
ストックの持ち手の部分に蓋がついています。飲むときは回して開けます。
WhiSkiPoles4.jpg
開きました。
ただ問題は、これはストックでもあるのでとても長いということです。ここがグラスと違うところです。ではどうやって飲むかというと・・・
WhiSkiPoles4a.jpg
ラッパのみです! 必然的にこれしかありません!
写真の背後には普通に缶で飲んでいる人たちがいますが、あえてこんな不便な方法で飲もうじゃないか、というクレイジーなグッズです。
WhiSkiPoles7.jpg
上から見るとこうなります。はっきり言って飲みづらそうです!
WhiSkiPoles5.jpg
スキー用として作られているので、スキー用の指のない手袋でも開けられるように工夫されています。
WhiSkiPoles9.jpg
ジョークグッズだけあって、製品名はWhiSki Poles(ウイスキーポールズ)とダジャレになっています。
バカバカしいグッズですが、ちゃんとスキーのストックとしても使えます。本体はアルミニウム製です。
WhiSkiPoles6.jpg
作者はアメリカ人です。作者がロシア人だったらウォッカ用になってそうです。
作者によると、「世界で最も冒険的な、ウィスキーの容器だ」とのことです。少なくともかなりクレイジーなことは間違いありません。
WhiSkiPoles10.jpg

まとめ

お値段は$89+送料$60で、$149(約16,500円)です。ストック2本のセットです。
2018/1/8まで支援受付中です。

コメント