ボール型ロボットを操作して、飼い主の留守中でもペットとコミュニケーションをとる | Pebby(ペビー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pebby10.jpg
Pebby(ペビー)はカメラを搭載した、ペット用ボールです。飼い主が家を空けているときでも、ペットとコミュケーションを取ることができます。

使い方

犬や猫を飼っていると、自分の外出中にストレスを溜めていないか心配になることがあるかと思います。そんな心配を少しでも減らそうといのうが、Pebbyです。ペットの遊び相手になるというボールです。
pebby01.jpg
このボールが‥
pebby12.jpg
ゴロゴロっと動き出して、ペットを遊ばせてくれます。
pebby13.jpg
スマホをコントローラーにし、ボールを動かして犬や猫を遊ばせることができます。
pebby14.jpg
ボールにはカメラも搭載しています。猫から見下ろすようにのぞき込まれています。こんな風に見えるんですね。
pebby11.jpg
家に外にいるときも、ペットの様子を知ることができます。
pebby15.jpg
いくら外から操作できるといっても、四六時中ペットの相手はできません。自動で動かすauto-playモードも搭載しています。
pebby16.jpg
ボールには猫用のレーザーポインタも搭載しています。レーザーを追いかけさせて楽しませることができます。
pebby03.jpg
Pebbyアプリでは、ペットの様子をリアルタイムで確認したり、それを写真や動画の形で保存することができます。保存したデータは、家族や友人と共有して楽しめます。
pebby08.jpg
アプリで指示を出せばリモートで誘導して充電することが可能です。コネクタをつながなくてよい、ワイヤレス充電方式とのことです。
pebby09.jpg
部屋の一部に絨毯が敷いてあるなど、摩擦があったり、段差がある場所ではうまく動かない・・ということも予想されます。ボールなので段差を超えるのはあまり得意ではないと思います。

まとめ

お値段は$169+送料$10で、合計$179(約20,000円)です。
2017/4/7まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/973862487/pebby-the-worlds-most-advanced-robotic-pet-sitter

コメント