52万円だけど家庭用。画像を入れると自動でニット編んでくれる機械 | Kniterate(ニトレート)

admin




Kniterate1.jpg

Kniterate(ニトレート)は、自動でニットを編んでくれる機械です。業務用では同様のものは存在しますが、個人用であるところが特徴です。ただし52万円します。

開発元はイギリスです。

使い方

Kniterate(ニトレート)は、自動でニットを編んでくれる装置です。糸をセットして、データを読み込ませると、あとは自動で編んでくれます。

Kniterate7.jpg

実際にKniterateを使って作ったのが、こちらのニットセーターです。デザインも開発元がしており、胸の部分にKniterateという文字が入っています。

出力には8時間かかっていますです。当たり前ですが、人力と比べると驚異的な速さです。

Kniterate4.jpg

先ほどのセーターの中間状態がこちら。胴体と袖はバラバラに出力し、最後につなぎ合わせています。

Kniterate5.jpg

既製品と違い、大きさやデザインなどはもちろん自分で変えられます。サンキューと書かれた妙に小さい衣類、こんなのをだれに着せるのかというと・・

Kniterate6.jpg

実はペットの犬用でした。こういう特注デザイン、特注サイズが簡単に作れてしまう、というところがメリットです。

Kniterate6a.jpg

下の画像は何だと思いますか? ニット帽でしょうか・・?

Kniterate2.jpg

実は、靴に被せるカバーでした。Kniterateなら特注サイズで作ることができるので、普通ならしないこんなことも可能になります。

Kniterate3.jpg

色は七色まで同時に使うことができます。使いたい糸は自分で選べます。

Kniterate17.jpg

デザインは割と簡単に作ることができます。ブラウザでKniterateのサイトにアクセスし、テンプレートを選択します。

この場合はスカーフのテンプレートを選択しました。これで縦長のベース部分が用意されました。

Kniterate9.jpg

好きな画像をアップロードして、スカーフのデザインにします。画像は自動的にニットのデザインに変換されます。7色という制限があるので、単純に写真などを入れてもうまくいかないと思います。ある程度色が絞られた画像が必要だと思います。

Kniterate10.jpg

画像から返還したデザインに、さらに修正を加えます。文字の周りを塗りつぶして、読みやすくしています。

Kniterate11.jpg

裏面のデザインには、この場合は繰り返しパターンを適用しています。選ぶだけなので簡単です。

Kniterate12.jpg

出来上がったデザインをダウンロードして、SDカードでKniterateに読み込ませて、出力します。

Kniterate13.jpg

後は待つだけです。

Kniterate14.jpg

スカーフが出来上がりました。Kniterateという文字がきれいに見えています。

Kniterate15.jpg

裏面は先ほどのパターンが適用されています。

Kniterate15a.jpg

大変面白いグッズだと思うのですが、難点は価格でしょうか。構造的に複雑なので、価格が高くなってしまうことは仕方がないと思いますが。

店舗に置いて、プレゼント用のオリジナルニットを作ってくれるサービス、などに向いているかもしれません。

まとめ

お値段は$4,699(523,000円)です。現状日本への発送は行っていません。

2017/5/8まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/kniterate/kniterate-the-digital-knitting-machine

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons