10通りに変形できる手押し車。使わない時はベッドの下に | EROVR(イーローバー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
EROVR01.jpg
EROVR(イーローバー)は、10通りに変形できる手押し車です。使わない時はたたんでベッドの下にしまっておけます

使い方

EROVR(イーローバー)は、状況に応じて変形させ、最も適した形で、物品を運搬することができます。前後左右のサイドパネルを起こせばカゴの状態になり、倒せばかさばる幅広の箱も載せて運べます。
EROVR02.jpg
10通りの形態に変形でき、状況に応じた荷物の持ち運びが出来ます。また使用後の収納も簡単です。
EROVR03.jpg
引っ越しなどの場合でなくても、日常生活でもEROVRは使うことができます。ベース部分の縁にあるサイドパネルを立ててバスケットの状態にすれば、ショッピングカートになります。大きめの布袋をサイドパネルにかぶせ、細かい物も落とさずに収納します。
EROVR10.jpg
仕事でもEROVRは使えます。バスケット状態にして押す・引くはもちろん、EROVRの台を縦にして、斜めに傾けた状態で押す運搬方法もあります。
EROVR09.jpg
バスケットにせず、EROVRの左右サイドパネルを倒すことで、大型のダンボール箱も載せられます。更に大きな物なら、全て倒してフラットにしたEROVRを「台車」とし、下に敷く使い方もあります。
EROVR13.jpg
手で押したり引いたりして使用するだけでなく、別売のパーツを取り付ければ自転車で牽引することもできます。リヤカーですね。
EROVR12.jpg
遊びに出かける時にも役立ちます。例えば釣りです。駐車場から釣り場まで、たくさんの荷物をまとめて一気に運搬できます。それだけでなく、別売のパーツを付けて釣り竿をホールドしています。
EROVR11.jpg
従来使われてきたホイールつきのカーゴと比べて、EROVRははるかに多機能でしょう、と開発者は言っています。
EROVR04.jpg
車輪は着脱式で、追加キットで大きな車輪に換装することで悪路を移動させたり、自転車のサイドカーにも変身できます。
erovr05.JPG
使わないときもかさばらずに収納できます。折りたたんだ状態で、ベッドの下や車のトランクに収まります。
EROVR07.jpg
本体の側面には、防水のパーツ入れ着脱式コンテナが4つついており、ここにEROVRの部品を収納できます。
EROVR08.jpg
デザインも無味乾燥な普通の手押し車に比べると、なかなかいいんじゃないでしょうか。こういう変形ギミックもののが大好きな男性には魅力的かつ実用的なグッズかもしれません。

まとめ

お値段は$195+送料$80で、$275(約30,800円)です。
2016/4/27まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/erovr-a-transformable-dolly-wagon-cart#/

コメント