おしゃれな電気スタンド、Kickstarter運営からプロジェクト中止にされた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

lumiere1.jpg
Lumière(ルミエーレ)という電気スタンドのプロジェクトがKickstarterに掲載されていました。
しかしKickstarter運営からプロジェクト中止にされました。suspendedという表記ですが、規則によりresumeはできません。
https://www.kickstarter.com/projects/retinalight/lumiere-the-ultimate-eye-protection-lamp-you-take

何が起こったか?

2016/1/27、LumièreのプロジェクトがKickstarterに掲載されました。スタイリッシュ系のデザインで、なかなかおしゃれです。
lumiere2.jpg
下の写真にあるように、折り曲げられるというところが大きな特徴です。
lumiere3.jpg
450万円(55,998 AU$)のお金が集まりましたが、2016/2/9に運営からプロジェクトを止められました。
現在はIndiegogoでプロジェクトを作成し直しています。
https://www.indiegogo.com/projects/lumiere-eye-protection-lamp-you-take-anywhere#/

何が原因か?

運営から処分の理由は公開されません。そのため、何が原因で止められたかは推測になります。
プロジェクトのコメント欄では、アメリカ、イギリス、ドイツのAmazonで、同じような製品があるという指摘がありました。
・アメリカ

・イギリス

・ドイツ

Amazonのページを見ると、確かにそっくりの写真が載っています。
lumiere4.jpg
首を曲げられるというところも同じです。
lumiere5.jpg
しかしAmazonでの販売者は1byone(英米)とJoly Joy(ドイツ)となっており、Kickstarterのプロジェクト責任者「Retina Light」とは名称が異なります。
このため、運営から、他社の製品をKickstarterに載せただけ、と判断されたのだと思われます。他社製品を掲載することは規約で明確に禁止されています。

問題は何か?

このことについてプロジェクトの責任者は以下のように説明しています。

この電気スタンドは自社で開発した。香港の展示会に出したあと、アメリカやドイツ、中国の販売会社を通して販売している。今回のKickstarterの製品では、バッテリーや明るさの段階調節などを改良した。

これが本当なら、規約上は問題ありません。自社の製品を改良して載せただけ、であるためです。
しかしながら、どの会社が本当の開発元なのか、運営やKickstarterのユーザーは知ることができません。上記の話が本当かどうか確かめることはできないので、きわめて紛らわしいと言えます。
また、販売会社が既に存在するのなら、そのことはプロジェクトのページで断っておくべきではないでしょうか。情報を適切に公開することも規約に含まれていますし、販売会社が既に存在するというのはかなり重要な情報です。

開発元はどこか?

Amazonでの販売元は1byone(英米)とJoly Joy(ドイツ)です。
http://www.1byone.com
http://jolyjoy.com
憶測ですが、webサイトを見ている感じだと、開発というよりは販社という感じです。Kickstarterに載せていた会社が本当の開発元のような感じがします。前述の通り確認するすべはないのですが・・。
Indiegogoでは現在266万円集まっていますが、Kickstarterでの450万円と比較すると少なくなっています。もし今回のことが誤解から生まれたのなら、もったいない話です。

まとめ

・電気スタンドのプロジェクトが運営から止められた
・プロジェクト責任者は、自社製品であると主張
・Indiegogoに移行したが、現状Kickstarterほどお金が集まっていない

コメント