重さを緩和。バンジージャンプの紐みたいに伸び縮みするカメラストラップ | BOOMR(ブーマー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BOOMR1.jpg
BOOMR(ブーマー)は、バンジージャンプの紐みたいに伸び縮みするカメラストラップです。
首に掛かる衝撃を緩和することが目的です。

使い方

レンズ交換式のカメラは、重さが1.3kgから5kgもあり、首で支えるのはつらい、とBOOMRの開発者は言います。
これはちょっと大げさかもしれませんね。ミラーレスなら600gぐらいのものも最近はあるので。
BOOMR2.jpg
そこで考案されたのが、伸び縮みするカメラのストラップ(紐)です。
BOOMR3.jpg
こんな風にびよーんと伸びます。バンジージャンプのゴム紐のようだ、と開発者は言っています。
BOOMR4.jpg
こちらは普通のストラップを使っているところです。
BOOMR10.jpg
歩くたびに振動でカメラが上下します。このときに肩や首を圧迫するので、疲れます。揺れているせいで、実際の重さ以上に疲れます。
BOOMR9.jpg
一方でこちらはBOOMRの場合です。
BOOMR11.jpg
歩くときにカメラが揺れるのは同じですが、ゴムが伸び縮みして衝撃を吸収します。カメラの重さ自体は当然同じですが、一気に首を圧迫しません。じわじわと重さが伝わります。このおかげで首や肩を痛めないという仕組みです。
たとえば、鉄アレイが肩にいきなり当たると痛いです。しかし3秒ぐらいかけてじわじわ当てれば、鉄アレイでも痛くないです。
BOOMR12.jpg
ライフル銃のストラップには伸び縮みするものが既にあり、そこから触発されたそうです。さすがアメリカというところでしょうか。 画像出典: Amazon.com
BOOMR16.jpg
Boomrは、肩から斜めにかける方法と、首にかける方法の二通りの使い方ができます。
BOOMR15.jpg
写真を撮りおわったあと・・
BOOMR5.jpg
カメラを後ろに回します。
BOOMR7.jpg
このときにもいったんストラップが伸びて、衝撃を和らげてくれます。
BOOMR8.jpg
ちょっとしたアイデアですが、重いカメラを持っている人には便利かもしれません。

まとめ

お値段は$25+送料$14で、$39(約4,700円)です。
2015/12/24まで注文受付中です。

コメント