ネジ山が潰れたものでも回すことができる電動ドライバー用ビット(先端) | KNIFE EDGE BIT(ナイフ・エッジ・ビット)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KNIFE EDGE BIT1
古くなってさび付いてしまったり、ネジ山が潰れてドライバーで回せなくなった・・。そんな悩みを解消するために編み出されたのがこちら。
KNIFE EDGE BIT(ナイフ・エッジ・ビット)は、痛んだねじでも締めたり、緩めたりできる電動ドライバー用ビット(先端部)です。

使い方

長い間、戸外で風雨にさらされ、さび付き、汚れてしまったこのようなねじでも、緩めたり、再び締めることもできるのです。
Pic2
このように頭がつぶれてしまったねじを、通常のビットで締めてみましょう。
Pic3
途中までしか締められません。
Pic4
では、KNIFE EDGE BIT(ナイフ・エッジ・ビット)を試してみましょう。
Pic5
ねじをスムーズに根元まで締めることができました。
Pic6
KNIFE EDGE BIT(ナイフ・エッジ・ビット)の陰になっている部分に注目してください。この形状のおかげで、古いねじを締めたり、緩めたりできるのです。
Pic7
この製品の最大の特徴であるこの部分は、KNIFE EDGE BIT(ナイフ・エッジ・ビット)を作っている会社のロゴにもなっています。
Pic8
これがあれば、古いねじでも大丈夫ですね。

まとめ

お値段は$14+送料$12で、$26(約3100円)です。
2015/11/1まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/762395654/no3-phillips-screwdriver-bit-that-turns-new-and-ol

コメント