レゴブロックのように自分で形を組み替えられるキーボード Trickey(トリッキー)

Trickey1 admin




Trickey1

Trickey(トリッキー)は、レゴブロックのように自分で形を組み替えられるキーボードです。

今までにもキーをカスタマイズできるキーボードは存在しました。たとえばAndroid搭載のキーボードなどです。Trickyはキーボードの形そのものを変えられる、必要なキーだけ積んでコンパクトにできる、という点が異なります。

使い方

Trickeyはものすごくカスタマイズ性が高いです。例えばキーを抜いて・・

Trickey2

別のところに刺したり。

Trickey3

さらにブロックそのものを外して・・

Trickey5

別のところにくっつけたりできます。レゴブロックみたいですね。

Trickey6

それぞれのキーに対して、「ctrl+c」など好きなキーを割り当てることができます。

OSからは普通のキーボードに見えるため、一度割り当ててしまえばどのOSでもTickyを使うことができます。Windows、MacOS、Linuxなどです。ただしキー割り当てソフトは現状Windowsのみのようです。

Trickey7

例えばctrl+zに割り当てれば、ひとつ押すだけで操作を一つ前に戻せます。

Trickey8

フルキーボードだとかなり場所をとります。

Trickey9

そこをTrickeyにすれば机の上がすっきり。ただPhotoshopなんかは結構ショートカットキーがあるので、6個だけだと辛いかもしれません。Trickeyは複数つなげて使えるので、キーの数を増やせば大丈夫ではないかと思います。

Trickey10

ゲームにももちろん使えます。一番の使い道はやはりこれではないでしょうか。FPS、MMORPG、RTSなど。

Trickey13

デザインも変えられる

キーのケース部分も外れるので、好きな文字の紙を差し込めます。

Trickey4

デザインを変えるには、まずブラウザで好きなものをダウンロードします。

Trickey11

プリンタで印刷して、キーの部分を切り取り、キーに挟めばできあがり。

Trickey12

開発者

開発者は、東大工学部3年生の城 啓介さんと小川 徹さんです。

製品化はブレッドボードマニアックを運営するQibiTechが担当しています。ブレッドボードマニアックは、ビスケットボードなど電子工作関連グッズのブランドです。

Trickey14

まとめ

お値段は、キー6個のセットが$139+送料$12で、$151(約18,300円)です。

2015/5/10まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/252587878/trickey-any-key-anywhere

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons