リモコンボタンを押すだけで一眼/ミラーレスカメラのシャッターをきるグッズ | Spark (スパーク)

Pic11 admin

Pic1.jpg

Spark(スパーク)は、一眼/ミラーレスカメラのシャッターきるリモコンボタンです。

使い方

大勢で集合写真を撮ろうとしても、シャッター係がいないと不便です。しかしタイマーでシャッターを切ると、タイミングがずれてしまったりします。

Pic2.jpg

そこでこのSpark(スパーク)をリモコンとして使い、離れた場所からシャッターを切るというものです。都合のいいタイミングでシャッターを切ることができます。

Pic3.jpg

リモコンとして使う場合、カメラに何もセットする必要はありません。カメラに内蔵している赤外線センサーに向かってボタンを押すだけでシャッターを切ることができます。

対応しているカメラは、FAQの”Will my camera work with Spark?”のところに載っています。キヤノン、ニコン、ソニーなどのカメラです。

Pic8.jpg

リモコンとして使うだけでなく、Sparkをカメラにセットすると、使える機能が増えます。

Pic4.jpg

Sparkをカメラにセットして、アプリをダウンロードすることで、スマホから操作することができます。

Pic5.jpg

カメラにセットすることで、タイムラプス撮影もできるようになります。

Pic10.jpg

Spark (スパーク)のボタンを4秒間長押しします。

Pic11.jpg

すると、タイムラプス動画(コマ送り動画)ができるのです。スマホのアプリからセットすることもできます。下の写真は静止画ですが・・

Pic12.jpg

動画はこちらです。

取り付け方は簡単です。カメラ上部にはめるだけです。

Pic7.jpg

Spark(スパーク)を複数台使用することで、複数台のカメラのシャッターを同時に切ることができます。

Pic6.jpg

バッテリーは2000時間以上持ちます。使用するバッテリーは、腕時計にも使われる丸型電池です。iOS、Android共に対応しています。

Pic9.jpg

前作のPulse

今回のSparkの開発元は、Pulseという同じようなカメラグッズも作っており、Kickstarterに載せていました

1億円集めた、一眼レフとミラーレスを使いスマホからタイムラプス撮影するグッズ Pulse(パルス)

今回のSparkは、前回と比べて

・かなり小型化した
・バッテリーの持ちを長くした
・価格を下げた
・使えるカメラが増えた
・その代わり、カメラとのUSB接続は削除した

という違いがあります。今回はUSB接続ではなく、シャッターポートのみの接続になっているので、カメラの露出、ISO感度といった撮影設定までは変更できないという制限があります。シャッターをいじることしかできません。

ただその分小さく、バッテリー消費量も下げているので、単純に廉価版とは言えないと思います。

まとめ

お値段は$44+送料$20で、$64(約7100円)です。

2017/5/20まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/alpinelabs/spark-camera-remote

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons