バッテリー動作で持ち運びできるコンパクトな空気清浄機 | Wynd(ウィンド)

admin




wynd1.jpg

Wynd(ウィンド)は、卓上に置ける空気清浄機です。

使い方

Wyndの特徴は非常にコンパクトな点です。机において空気中の微粒子を除去することができます。バッテリーで動作することもでき、8時間連続動作可能です。

wynd2.jpg

コンパクトさを活かして、持ち運ぶこともできます。ホテルの部屋に置いて使うこともできます。

wynd6.jpg

或いは車の中で、カップ入れに立てて使うことができます。

wynd12.jpg

さらにはカフェのような場所でも・・。ただホテルはともかく、オフィスやカフェは空間が広いです。そういう場所では、Wyndが除去できる量を超えているような気がしますが。

wynd18.jpg

iOSの専用アプリを使うと、現在の空気のきれいさを見ることができます。Android版は2017年にリリース予定です。金額がストレッチゴールに到達した場合は、Wynd本体と同時にリリースするとのことです。

wynd16.png

空気の清浄度が時間にともなってどのように変化したか、グラフで見ることもできます。

wynd17.png

空気の清浄度を測るセンサー部分は、取り外して使うことができます。

wynd10a.jpg

Wyndから取り外して鞄につけることで、外出先での空気の清浄度を測ることができます。

wynd10.jpg

そしてその測定結果をApple Watchに通知させることができます。

wynd11.jpg

Wyndの設立者は、北京に住んでいる親戚が大気汚染で苦しんでいることから作ろうと思ったとのことです。

wynd14.jpg

ただ問題は、どれぐらいの清浄能力があるかです。コンパクトなのはいいですが、効果があまりにも小さすぎるのでは意味がないです。そこで開発元は実験結果を公開しています。下のグラフは2.4m x 3.04m (7.29平方メートル)に相当する大きさの部屋で試したものです。

縦軸は0.3-0.4μmの微粒子の数、横軸は時間です。1時間で微粒子の数は約半分に減っています。Wyndを使わなかった場合も減っていますが、これは何もしなくても時間がたつと床に積もるためかと思います。

コンパクトな分だけ空気清浄速度は速くはないが、効果はある、というところでしょうか。

wynd13.png

Wyndにはフィルターが内蔵されており、通常のアメリカの環境では3ヶ月から1年持つとのことです。サブスクリプションに申し込むと、フィルターが寿命に達したら自動で届くというサービスもあります。

wynd9.jpg

まとめ

お値段は$139+送料$15で、$154(約16,000円)です。

2016/7/12まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/882633450/wynd-the-smartest-air-purifier-for-your-personal-s

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons