Windowsが動くPCと、Arduinoが一枚に合体したボード | UDOO X86(ウードゥ)

admin




UDOO1.jpg

UDOO X86(ウードゥ)は、WindowsやLinuxが動かせるPCと、センサーやモーターの扱いが楽なArduinoが、一枚のボードに合体したものです。

使い方

UDOO X86(ウードゥ)は、手のひらサイズの小型コンピューターです。

UDOO17.jpg

小型のコンピューター自体は既に何種類かあります。Arduino、Raspberry Pi、スティックPCやIntel NUCなどです。

UDOOが違うのは、PCとArduinoという2種類のコンピューターが、一枚のボード上に搭載されていることです。

UDOO2.jpg

PC側にはIntelのx86 CPU(Braswell)が使われています。

UDOO16.jpg

通常のPCとして扱えるため、OSにはWindows、Linuxが動きます。Androidも予定されていますが、スケジュールに間に合うかどうかは多少不安があるとのことです。ドライバー周りでしょうか。

UDOO5.png

Ubuntu Linuxを動かしている画面がこちら。

UDOO21.jpg

開発元のベンチマークによれば、Raspberry Pi 3の10倍の処理能力があるとのことです。もちろん値段も目的も違うので、単純にRaspberry Pi 3よりいいということではないですが。

UDOO3.jpg

Braswellにはグラフィックも内蔵されており、4K解像度で3画面同時表示もできるとのことです。

UDOO18.jpg

マシンパワーに比較的余裕があるので、Netflixで動画をストリーミング再生することもできます。

UDOO19.jpg

コネクタ類も、USB3をはじめ、ギガビットイーサネット、SATA、Micro SD、SSD用のM.2などがついています。Wifiは802.11ac対応です。画面出力はHDMIです。

UDOO20.png

これだけなら単なるPCなので、Intel NUCやスティックPCを使えば済む話です。UNDOOはArduino 101互換の機能も搭載しています。SoC(CPU)にはIntel Curieを使っています。

Arduino側からは、内蔵している
・6軸加速度センサーとジャイロセンサー
・Bluetooth Low Energy
が使えます。

Arduino 101用のオプションボード(シールド)も使うことができます。ピン配置自体に互換性があるので、モーターや温度センサー等も使えます。開発環境には、Arduino 101の公式IDEが使えます。

UDOO4.jpg

PCとArudinoの間は、内部のUSBインターフェイスを介して接続されています。UNDOOのPC側から見ると、ArduinoがUSBで接続されているように見えます。

22

PC側の機能を使ってゲームをするもよし・・

UDOO8.jpg

Arduino側の機能を使ってセンサーを接続し、自分でガジェットを作るのもよし、という具合です。

UDOO9.jpg

専用ケースもオプションで用意されています。

UDOO13.jpg

まとめ

お値段は、BASIC版が$89+送料$18で、$107(約11,800円)です。
BASIC版+Starter Kit(ケースなどのセット)は$114、
ADVANCED版+Starter Kitは$154です。

ADVANCEDの方がCPU性能、メモリなどが高いです。

2016/6/7まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/udoo/udoo-x86-the-most-powerful-maker-board-ever

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


1コメント
  1. 匿名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons