ArduinoやRaspberry Piから制御する電動プロペラ(スクリュー) The T100

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T100 1
The T100は、ArduinoやRaspberry Piなどの小型コンピューターから制御できる電動プロペラ(スクリュー)です。無人船用です。

なぜプロペラか?

T100 2
最近、小型無人ヘリコプター(ドローン)というのがよく使われてきています。森林火災の探知や災害救助など、いろいろな使い方を耳にします。
しかし小型無人船はどうでしょうか? 現状ではまだ一般的ではありませんが、これから大いに使われる可能性もあるのではないでしょうか。もし無人船を作るとすると、ヘリとは違う重要なパーツが必要です。プロペラ(スクリュー)です。
The T100の開発者は小型無人船を作ろうとしていましたが、いいプロペラを見つけられませんでした。そこで自作したのがThe T100です。
開発者はロサンジェルスからハワイまで無人自律航行(リモート制御なしの完全自動)を目指しています。

仕様

T100 3
特徴としては、非常に丈夫である、ということです。
前述の通りロサンジェルスからハワイまで三ヶ月の全自動航行を目指しているので、その期間はずっと海の中ということになります。航行中ずっとメンテナンスフリーで耐えられるように、たとえばベアリングは金属製で強度を保ちつつ、錆びないようにプラスチックで覆っています。
海のまっただ中では、紫外線も非常に強烈です。プラスチックも紫外線で劣化しないものを使っています。
T100 4
制御は各種の小型コンピューターからできます。Arduino、ArduPilot(無人機用Arduino)、Raspberry Pi(小型Linuxコンピューター)、BeagleBoneなどです。
その他仕様
・推力 2.36 kgf (1kgf= 1kgの物体が1Gで加速する力)
・重量 295g
・直径 101mm
・動作電圧 12V
・最大電力 130W(常時ではないです)

まとめ

$100+送料$15で、$115(約11500円)です。
2014/9/12まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/847478159/the-t100-a-game-changing-underwater-thruster

コメント