ピカピカ光って犬が車に轢かれるのを防止する首輪、GPSで迷子防止機能も BUDDY(バディ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

picture1
BUDDY(バディ)は、LEDで光り、犬が車に轢かれないようにする首輪です。さらにGPSやBluetoothで居場所や健康状態を知ることができます。
開発者はオーストラリア人です。

使い方

毎年、600万匹もの犬が路上で事故にあっています。多くの場合、視界のよくない夕方や夜に起きています。内蔵してあるLEDが光ることで、犬の視認性を高め、危険度を下げることができます。
picture2
色の組み合わせや視覚効果は無限大です。iPhoneやApple Watchのアプリでコントロールできますし、その他、周囲の明るさでオンオフするよう設定することもできます。
picture3
健康管理もできます。飼い主がいない間、犬が家でどんな行動をとっていたか、及び健康状態を記録します。アプリで見ることもできますし、本体内蔵の画面で見ることもできます。ボタン一つで操作できます。
picture4
もちろんスマホアプリもあります。
picture5
首輪本体にもディスプレイがついています。
picture6
アプリのスキャン機能でペットフードのバーコードを読み取ると、獣医などが管理するデータベースと照合し、飼い主が一日に与える量から必要な運動量を表示してくれます。
picture7
犬がどこにいるか、GPSで追跡することができます。
picture8
アプリで範囲を指定でき、犬が指定した範囲から出ると、飼い主が持つスマホに通知が表示されます。
picture9
スマホアプリに警告が出て、犬が迷子になる前に未然に防げます。
picture10
Buddyを情報家電と接続することができます。連動することで、犬が暑すぎたり寒すぎたりしないよう、快適な気温を保つことができます。
picture11
Buddy充電用のWiFi付ベースステーションもあります。犬が指定範囲外に行こうとすると、内蔵のライトが光って飼い主に知らせます。
picture12
非常に多機能な上に、便利な首輪ですね。これ一本で犬用デジタルグッズはOKみたいな感じでしょうか。

まとめ

お値段は$245+送料$10で、$255(約31700円)です。
2015/9/3まで注文受付中です。

コメント