自分の好みに豆を焙煎(ロースト)して、コーヒーをおいしく飲むグッズ IKAWA(イカワ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IKAWA1
IKAWA(イカワ)は、自分でコーヒー豆を焙煎(ロースト)する器具です。焙煎したての豆で、自分好みの味を作ることが出来ます。
今までIHでお湯を沸かしたり挽き方を調整したりと、様々な(マニアックな…)コーヒーグッズが出てきました。とうとうというか、コーヒー豆を自力で煎るぞ、というグッズまで現れました。

使い方

こんがり焼けたコーヒー豆。普通は焙煎済みのものを買ってきますが、そこを自力でやって自分好みのローストにしよう!というのが主旨です。
ロースト具合の違う豆ももちろん売っていますが、極限まで自分用に微調整しようというマニア向けグッズです。
IKAWA2
まずは焙煎されていないコーヒー豆を買ってきます。
IKAWA3
焙煎前の豆はこんな感じです。
IKAWA4
使うときは、まずIKAWAの中に豆を入れます。
IKAWA5
あとはスイッチオン。簡単です。
IKAWA6
中のミキサーのような部分が回転しつつ、豆を加熱します
IKAWA10
最初は温度を低めの100℃ぐらいにし、だんだんと温度を上げていきます。およそ3分ぐらいでできあがります。好みで10分にもできます。
IKAWA11
豆の皮は掃除機のような仕組みで吸い上げて、がら入れに自動的に貯めてくれます。自分で取り除かなくていいので非常に楽です。
IKAWA12
そして焙煎豆のできあがり。いい感じに仕上がっています。
IKAWA13
皮入れの瓶を取り除いて、代わりに豆を入れるための瓶をセットします。
IKAWA14
スイッチを押すと、豆を瓶に詰めてくれます。至れり尽くせり。
IKAWA15
細かい煎り加減はスマホアプリから設定できます。どの時間帯に何度にするかがグラフで表示されています。アプリはiPhoneとAndroid対応です。
IKAWA7
そんな細かい設定は面倒だ、という場合は他の人の作ったレシピを使うことが出来ます。ユーザーが作ったレシピを公開することが出来るので、コーヒーマニアが作ったレシピを使うということもできてしまいます。
IKAWA8
大きさは縦30cmと結構かさばります。対応電源により100-120V(日米)、220V(ヨーロッパ)の2バージョンに製品が分かれています。
IKAWA9
焙煎の仕方を変えて飲み比べるとおもしろそうですね。豆の種類でも焙煎の仕方が変わってくるし、いろいろな味を楽しめそうです。

まとめ

お値段は£500(約91,800円)です。送料込みです。
2015/6/1まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/andrewstordy/ikawa-home-coffee-roaster

コメント