iPhoneをあえてレトロなラジオに変身させるケース i Ready O(アイレディオ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1
テレビ、パソコン、スマートフォンとメディア媒体はどんどん進化していますが、今もなお、多くのファンがいるのがラジオです。
i Ready O(アイレディオ)は、手持ちのiPhoneを懐かしいラジオの外観に変身させてくれるケースです。名前は、アイレディオ-> radio(レイディオ)というダジャレですね。
開発者はカナダの人です。

使い方

スマホは持っているけれど、昔のラジオのような懐かしい雰囲気に浸りながらラジオを聴きたいという人にぴったりのアイテムです。
iPhoneをi Ready Oの中にセットすれば、レトロなラジオそっくりの見た目を味わうことができます。
3
今使っているiPhoneはもちろん、使わなくなった古いiPhoneを新たにラジオとして復活させることもできますね。使えるものを捨てずに済み、持ち運びラジオとして利用できるアイデアです。
4
i Ready Oは50~60年代のレトロなラジオをイメージしてデザインされています。
レトロな感じがありながらも、シンプルで洗練された印象です。
5
使い方は、後ろのカバーを外してiPhoneをセットして使います。
iPhone 4、4S、5、5Sに対応しています。
6
赤いボタンの位置はスマホのホームボタンの位置になっています。ボリュームボタンも昔のラジオと同じようについているので、iPhoneを使っているのにレトロなラジオを操作している気分が味わえます。
7
i Ready Oは普段と同じようにスワイプ操作もできるので、音楽アプリなどいろいろなアプリをi Ready Oで楽しむこともできます。
スピーカーがケース側に内蔵されており、Bluetoothで接続してスマホの音を鳴らすことができます。
8
お好みで、横に倒して使うこともできます。
サイドのフット部分を調整すると、横に倒したときの足になります。
9
ハンドルを回転させれば、傾斜を調整して使用することもできます。
11
使わないときは充電ケーブルやイヤホン、バッテリーを後ろに収納することができます。ireadyo
 
これでラジオを聴けば、ラジオ独特の雰囲気をよりいっそう満喫できそうです。

まとめ

お値段は$88+送料$10で、$98(約11,800円)です。微妙に高いような…。
2015/3/25まで注文受付中です。

コメント