USBケーブルを直接つないで充電できる単三、単四電池 LIGHTORS(ライトース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LIGHTORS1
LIGHTORS(ライトース)は、USBケーブルを直接つないで充電できる電池です。普通の充電式電池と違って充電器が不要です。
そんな発想があったか、という点でちょっと驚きです。
開発元は韓国です。

使い方

こちらがLIGHTORS(ライトース)。見た目は何の変哲もない電池です。
LIGHTORS2
実はシリコンのカバーがついており、外すとMicro USBのコネクタが出てきます。
LIGHTORS3
このUSBコネクタに、PCなどから電気を送れば充電できてしまうというわけです。電池にUSBケーブルが直接刺さっていて、一見するとネタ画像みたいですが・・。充電池=充電器が必要という概念が崩されました。
LIGHTORS4
大きさ上、本当にぎりぎりですね。
LIGHTORS5
左が単三、右が単四です。電池容量は単三が1500mAh、単四が600mAhです。
標準のエネループは単三が1900mAh、単四が750mAhなので、それと比べると少し容量が小さいです。USBコネクタや充電機構が場所を食ってるのに、それでもこれだけ電池容量があると考えるべきかもしれません。
LIGHTORS6
充電できる回数は500回です。標準のエネループだと2100回です。電池の素材はどちらもニッケル水素です。回数に関してはエネループが相当工夫した成果ではないかと思います。
LIGHTORS10
電池の用途としては、ワイヤレスマウスがあります。
LIGHTORS7
リモコンも電池ですね。あとは時計でしょうか。ただ最近はバッテリー内蔵が多いので、電池自体があまり必要ないんですよね。日常的に充電するものといえばスマホですが、これも当然バッテリー内蔵です。
LIGHTORS8

まとめ

最大の問題点は、普通に充電器を使えばそれで済む、という点ではないでしょうか。USB直結の方が便利ではありますが、リモコンや時計の電池はそう頻繁に充電するものではないので・・。
お値段は、単三または単四の2本セットが$5、送料は$1で、合計$6(約710円)です。値段は高くないですね。
2015/3/15まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1097965489/lightors-the-worlds-first-monster-batteries/description

コメント