レーザーで光るケーブルが美しい! 音楽にあわせて光るイヤホン Glow(グロー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Glow1
Glow(グロー)は、音楽にあわせてケーブルが光るイヤホンです。レーザーが光ファイバーの中を通っており、すごくきれいです。
掲載1日目で目標額1180万円を突破しました。

使い方

暗闇の中で光るイヤホンケーブル。ムラなく光っており、きれいです。
Glow2
スケボーをしながら使っているところ。夜でなくても色が見えます。
Glow3
もちろん普通の生活でも使えます。光は音楽に合わせてゆっくりと明るくなったり暗くなったり、というように明滅するので、目がちかちかすることはありません。
光ファイバーになっているので、ケーブルは若干太めですね。有機ELでもケーブル状にできますが、レーザー+光ファイバーの方が明るくてきれいです。
Glow4
音楽にあわせて明滅させる以外にも、心拍数に応じて明滅速度を変化させることもできます。自転車に乗ったり走ったりすると、ケーブルの明滅も速くなる、という感じです。
Glow7
ケーブルの光が先ほどと比べて暗くなっています。こんなふうに明滅します。
ただし、心臓のドクン、ドクンにあわせて光らせることはできないです。1億2000万円注文が集まればその機能もつけるとのことですが・・。
Glow8
動画はこちら。動画開始からすぐにデモがはじまります。

仕様

イヤホンの途中にリモコンがついており、バッテリーもこの中に入っています。リモコンでは音量変更や選曲ができます。
Glow5
リモコンの真ん中のボタンには好きな機能を割り当てられます。Google Nowの起動や、カメラのシャッターなどです。現状この機能はAndroidのみですが、5900万円集まればiOSにも対応するとのこと。iOSでも音量変更や選曲は使えます。
Glow6
音質はShure SE215(日本で1万千円前後)と同じぐらいとのことです。開発者の自己申告なので、試してみないとわからないですが。

まとめ

お値段は$149+送料$30で、$179(約21,100円)です。30日保証付きです。
円安のせいもありますが、高い・・。音質が良いとしてもなお高いです。
2015/3/13まで注文受付中です。

コメント