料理皿が保温プレートに早変わり。電気で温まる保温皿

admin




plate 1.jpg

この保温皿は、お皿の下部に装着する保温装置でお皿を温め、長時間温かい料理を食べることができる保温皿です。

使い方

料理はもちろんできたてが1番です。レストランならタイミングを見てお客さまに合わせて料理を出すものですが、家庭でも温かい料理を温かいまま食べたいものですよね。

plate 3.jpg

この保温皿なら、1回の充電で約3時間お皿を温かく保温してくれるので食事中ずっと温かい料理が食べられます。

plate 4.jpg

さらに、ボタン1つで温度を50℃/60℃/70℃/80℃と4段階で設定が可能です。

plate 5.jpg

スープなどの液体には70℃設定が最適です。
料理ができるまでは80℃でお皿を温めておき、盛り着ける直前には料理を食べるのに最適な50℃に設定する、など用途に合わせて適切な温度設定ができますよ。

plate 6.jpg

使い方も簡単です。取り外し可能なお皿下部の保温装置をUSBで充電します。

plate 7.jpg

後はお皿の下部に保温装置をはめ込んでボタンを押すだけです。このボタンを押す回数で温度が変えられます。

plate 8.jpg

保温装置を外せば、お皿の部分は普通のお皿と同様に水洗いが可能です。

plate 9.jpg

デザインもゴールド/グレーの2色が選べます。

plate 10.jpg

まとめ

せっかく料理を作っても、寒いときなどは料理がすぐ冷めてしまって残念ですよね。
この保温皿なら「温かい料理は温かいまま食べたい」という願いを叶えてくれますよ。

お値段は$119+送料$32で(約16,900円)です。

2019/3/10まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/the-world-s-first-rechargeable-self-heating-plate/x/8276897#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons