部屋スッキリ。ズボンを一瞬でベルト穴に固定して吊るせるハンガー | Hurdle Hanger(ハードルハンガー)

admin




hanger1.jpg

Hurdle Hanger(ハードルハンガー)は、特にジーンズ類の収納を簡単にしてくれる新型のハンガーです。

使い方

従来型のハンガーだと、掛けていた衣類がずり落ちてきたり、しわになってしまったり、ベルトを収納する場所がなかったりと、整理整頓にとっては逆効果になってしまうことがあります。

hanger2.jpg

結局ハンガーを使わずに衣類をそこら中に放り投げることになり、汚部屋を作る原因になることも・・・。

hanger3.jpg

そこで救世主になってくれるのが、Hurdle Hangerです。

hanger4.jpg

Hurdle Hangerなら、ベルトの通し穴に通すだけで、簡単にジーンズなどズボン類を収納することができます。

hanger5.png

ただベルトの穴に通すだけではありません。Hurdle Hangerは簡単に通せるように工夫されています。

まずズボンを持ちます。

hanger12.jpg

ベルト穴の一つにハンガーを通します。

hanger13.jpg

ハンガーを後ろに後退させて、真ん中のベルト穴に通します。この時同時に左端の穴にもハンガーが通ります。

hanger14.jpg

下の画像で、ハンガーの右端と真ん中の部分にフックがついています。このためハンガー右端と真ん中はひっかけるだけで簡単に吊るせるようになっています。左端だけ通せばいいので、手間がかからないというわけです。

hanger10.png

もちろん、ベルトの通し穴に通すだけでなく、折りたたんだものを掛けておくこともできます。滑り止め加工がされているので、このように掛けておいても滑り落ちてしまうことがありません。

hanger6.jpg

前部にフックスペースがあるので、帽子やシャツ、

hanger7.jpg

ベルトなど小物を置くことも可能。

hanger8.jpg

ズボン類だけでなく、ノースリーブシャツを掛けておくことだってできます。

hanger9.jpg

サイズは高さ115mm x 幅435mmです。

hanger10.png

重量は70gと、通常のハンガーよりも軽量な仕上がりです。

hanger11.jpg

衣類の整頓が簡単にできて、汚部屋作りの防止になってくれる存在。忙しい現代人にはぴったりのアイテムと言えるでしょう。

まとめ

お値段は10個入りで$20 + 送料$6で、計$26(約2,800円)です。

2019/1/25まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1704788677/hurdle-hanger-1-second-pants-hanger

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons