価格2000円、「FirefoxOS版」のChromecast Matchstick(マッチスティック)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Matchstick1
Matchstick(マッチスティック)は一言でいうと、OSをFirefox OSに差し替えたChromecastです。やっていることはChromecastと変わらないですが、中身のOSが違います。
MatchstickをテレビのHDMIポートに差せば、YouTubeで動画を見たり、Spotifyで音楽を聴いたりできます。
特筆すべきなのは価格の安さです。1個$18(約2000円)と、激安と言える値段です。国外送料$5を入れても2600円ぐらいです。安い・・。値段の安さが効いたのか、開始数日で3300万円の注文を集めて目標額を突破しました。

使い方

テレビのHDMIポートに差します。
Matchstick2
専用スマホアプリ(iPhone/Android)を使って操作します。この辺はChromecastと同じです。
Matchstick3
映画を見たりすることができます。Matchstickは無線LANでインターネットに接続し、Netflix(アメリカの映画配信サイト)などからTVや映画をダウンロードして写します。
Matchstick4
Matchstickのアプリは自由に開発することができます。発売時には開発チームが前述のNetflixなど、ある程度のアプリを用意する予定です。
ただこういうサイトはアメリカでしか使えないので、日本では意味がないですね。Hulu(映画サイト)は日本でも使えますが、それぐらいでしょうか。
Matchstick5

Firefox OS?

Firefox OSというのは、Firefoxブラウザを作っている団体が作っている新しいOSです。Linuxをベースにしており、GUI周りを作ってLinux上で動かしています。
ChromecastのOS(Chrome OS)もLinuxベースです。そういう意味でもMatchstickとChromecastは似ています。

まとめ

Chromecastと基本的には変わらない、というところですが、どうなるでしょうか。auはFirefox OSのスマホを出すとのことですが、Firefox OSがこれから盛り上がっていくのかどうなるかなあと思います。
お値段は、$18+送料$5で、$23(約2500円)です。
2014/10/30まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/matchstick/matchstick-the-streaming-stick-built-on-firefox-os

IT
スポンサーリンク
シェアする
Kickstarter fan!

コメント