(使ってみた) 靴紐を結ばず、ボタン一発で靴紐を締めるグッズ Button-up

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Button-upという、結ばずにボタン一発で靴紐を締めるグッズがあります。2015年にKickstarterで掲載されていました。
おもしろそうだなと思ってお金を出していたのですが、この前届いたので早速使ってみました。

内容

こちらがButton-upです。上段に写っているのは靴紐です。下段の袋の中に、Button-up本体が入っています。
靴紐はButton-upのオプションとして、一緒に入手しました。普通に市販されている靴紐でも使えますが、Button-upが用意しているものの方が色が揃っていていいと思ったためです。
buttonup1
袋の中身がこちら。簡単な説明書と部品が入っています。絵の通りに行えば、簡単に組み立てることができました。1時間半ぐらいでしょうか。
buttonup2.JPG
最初このスニーカーに使おうと思って、靴紐も通したんですが……穴の数が少なくて、見た目がいまいちでした。Button-upだと靴紐の一番手前側を結ばないため(これがButton-upの目的です…)、穴の数が少ないと少し変に見えます。
スニーカーの色とButton-upの色を合わせてあったのですが、最終的にこの靴に使うのはやめました。
buttonup3.JPG
別のスニーカーにつけたのがこちら。元からあった靴紐は外して差し替えました。紐の最後の部分は結ばずに、青い留め具で固定しています。この留め具の部分がButton-upです。
この時点では紐の長さを調節していないため、ちょっとあまっています。
buttonup4.JPG
留め具のワッシャーの部分がきつくて入らなかったので、はさみで穴を広げて使いました。プラスチックなので簡単に削れました。
buttonup6.JPG
先ほどのあまった紐の部分は切りました。切らないとどこかに引っかかるかもしれないので、切った方がよいと思います。万が一失敗して短くしすぎても、靴紐自体は安いので、買ってきて気軽にやり直せます。
buttonup7.JPG
靴紐を切って、ほつれないように先端に付属のプラチューブをはめたのがこちら。後は瞬間接着剤をちょっと入れると、プラチューブを固定できます。
buttonup5.JPG
できあがると、こんな風になります。靴紐を外したいときは、ちょっと押さえて紐を引っ張ると靴から外れます。
buttonup8.JPG
紐を留めたいときは、押さえるだけです。パチッと音がして一瞬で紐を留められます。
buttonup9.JPG
このようにボタンで紐が留まります。
buttonup10.JPG
この状態で20分ほどほぼ全力で走ってみましたが、外れませんでした。足の動き程度では外れないようになっています。その一方で、手で押さえると簡単に外れます。
最初に想定していた靴とは別の靴になりましたが、見た目も悪くない感じです。元は白い紐だったのですが、むしろこちらの方がよいかも…。
buttonup11.JPG

まとめ

確かに靴紐を結び直さなくても、簡単に靴を脱ぎ履きできました。なかなかいいんじゃないでしょうか。ただ普通のスニーカーだと結びっぱなしで脱ぎ履きできるので、どうしても必要という程ではないです。あれば便利という感じです。
また靴そのものを改造しないというのもメリットです。使ってみて嫌だったら、元の靴紐に差し替えれば元通りになります。
総合的に見て、結構いいなと思いました。

コメント