極限まで小型化したスマホ/タブレット用キーボード Flyshark(フライシャーク)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Flyshark1
Flyshark(フライシャーク)は、極限まで小型化したスマホやタブレット用のキーボードです。Bluetooth接続のワイヤレスキーボードです。
小型のキーボードとしては既にいろいろありますが、Flysharkは折りたたむとスマホと同じぐらいの大きさにまで小さくなるのが特徴です。
iPhoneとの比較。かなり小さいです。
Flyshark2
折りたたんで重ねたところ。一回り大きいぐらいです。
Flyshark3
表面はアルミ合金で丈夫です。
Flyshark4
ブラックの方はいい感じの表面仕上げですね。肝心の打ち心地は実際に使わないと分かりませんが。
Flyshark5
かなり薄いです。
Flyshark7
タブレットとFiresharkがあれば、そこそこ大きな画面とキーボードの高い文字入力効率でなかなか快適そうです。
Flyshark6

シリコン製は?

シリコン製の巻き取れるキーボードが既に世の中にあり、これもかなり小さいです。たとえばこれです。 ELECOMのシリコン製キーボード
しかしその反面ふにゃふにゃしており、これが好きではないという人もいるかと思います。Firesharkはシリコンではないので、ふにゃふにゃ感はマシだと思います。ただ小型なので多少のうちにくさというは避けられないでしょうね。
Flyshark8

まとめ

・キーボード配列は英語配列、フランス語、ドイツ語、スペイン語があります。日本語はないです。
・バッテリーは1日6時間使って20日持つとのことです。
お値段は$55+送料$10で、$65(約6500円)です。
2014/9/9まで注文受付中です。

コメント