ダイヤの次に固いカミソリ。サファイア製の刃を使ったカミソリが4400万円集めた | Zafirro(ザフィーロ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Zafirro1.jpg
Zafirro(ザフィーロ)は、サファイア製の刃を使ったカミソリです。ダイヤモンドの次に固い物質を使っているところが特徴です。

使い方

カミソリが最初に登場してから、いろんな種類のものが発売されました。
Zafirro2.jpg
しかし刃の部分にステンレス鋼を使っている点では全く進歩がないじゃないか、とZafirroの開発者は言います。
そこで生み出されたのが、サファイアでカミソリの刃を作るというアイデアです。
Zafirro4.jpg
こちらがZafirro。刃以外は普通のカミソリと同じです。
Zafirro5.jpg
刃の部分はこちら。透明なプラスチックのように見える部分がありますが、ここがサファイアブレードです。
Zafirro10.jpg
サファイアにしたことにより、刃の先端が非常に薄くなりました。下の写真の吹き出しは、電子顕微鏡(SEM)の画像です。目盛りの1μm=0.001mmなので、非常に刃先が鋭いです。
Zafirro12.jpg
サファイアは、モース硬度でダイヤモンドの次の固さを誇っています。
Zafirro13.jpg
アメリカでは年間20億の使い捨てカミソリが捨てられているとのことです。これはもったいないということで、開発元は長持ちするカミソリを作ることを目指しています。現状のZafirroの刃は、六ヶ月から一年持つということです。
六ヶ月というとちょっと短いような・・。というかそもそも固いんじゃなかったの・・って気がしますが、Wikipediaに書いてあるとおりモース硬度傷のつきにくさであって、刃こぼれのしやすさはまた別であるためです。
実験レベルでは3から5年持つ刃を実現できていますが、市場に送り出すにはまだクリアすべき課題がある、とのことです。
Zafirro3.jpg
また、サファイアって緑じゃないの? なんで透明なんだよ!という至極もっともな疑問もわきます。実は天然のサファイアには不純物が混じっており、それにより緑色になっています。今回のカミソリは不純物を入れていないので無色透明というわけです。
不純物が入っていないので、厳密に言えばサファイアではないです。ただサファイアと言った方がイメージしやすいから、開発元はそう言ってるのだと思います。アクセサリーではないので、それぐらいの宣伝文句はいいんじゃないでしょうか。
Zafirro6.jpg
刃には寿司包丁に使う高級なコーティングを行ったとのことです。
Zafirro9.jpg
開発元によるひげ剃りの実演。
Zafirro7.jpg
ジョリジョリっと剃れました。剃り心地は悪くなさそうです。
Zafirro8.jpg
アメリカのワシントンポストは「過去数年間で、最も優れた技術の使い方だ」と記事で言っています。ちょっと大げさすぎる気もしますが。
Zafirro11.jpg

Skarp

以前Kickstarterで、レーザー光を使ったカミソリというものが掲載されていました。
レーザーで毎日髭剃り?! 肌に刃が触れないので痛めないとのこと。。。 Skarp(スカープ)
しかし最終的にKickstarter運営から処分をくらってしまいました。
レーザーひげ剃り、運営から掲載取り消し処分。代わりにIndiegogoへ移行
このSkarpについて、Zafirroの開発元は触れています。実はZafirroの開発元もSkarpを一つ手に入れようとして、お金を出そうとしていました。研究のために新しいカミソリは片っ端から実験しているとのことです。
この顛末を見て、実際にひげを剃っている場面を入れなくては誤解されるとZafirroの開発元は感じました。前述したひげ剃りの場面がそれです。
またSkarpと違い、Zafirroは既に5年前から製品を作っており、実際に使っている人もいる、ということを開発元は強調しています。だからSkarpと一緒にしないでほしいと、明言しています。
本当か?と思って調べてみると、確かに記事がでてきました。
Zafirro14.jpg
2011年7月2日
・Portland entrepreneur flouts convention with $100,000 razor
http://www.oregonlive.com/silicon-forest/index.ssf/2011/07/portland_companys_100000_razor_attracts_global_att.html
デザインは今と大きな変更はないように見えます。サファイアブレードというのも同じです。じゃあ今回のものは何かというと、量産して価格を下げたい、というのが目的だそうです。
開発者の熱意が通じたのか、実演動画が入っているのがよかったのか、現在約4400万円集まっています。

まとめ

お値段は$199+送料$20で、$219(約26,600円)です。刃は2枚つきです。
2015/1/5まで注文受付中です。

コメント