Oculus Rift対応、360度撮れるビデオカメラ 360cam(360カム)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2c618841c85d29e661ce9b09a825bcc7_large
360cam(360カム)は、名前の通り360°方向の動画をとれるカメラです。見ている側は、自分で見る方向を見ることができます。
4a68dc4fd9fd06638f68cb10fcf1128b_large
自分で移動できないが、すきな方向をみることができる・・。いってみれば、肩車されている状態です。勝手に移動させられますが、これはこれで見ていて楽しいです。
こちらはデモ動画のウェブページ。
www.360.tv/gallery?id=4
好きな方向を見られるというのはなかなかに臨場感が高いです。テーマパークのライド系を思い出しました。
上記のデモページは、FLASHを使っているのでiPhoneでは見られないです。しかしちゃんとiPhoneとAndroidの専用アプリがあるので、そちらを使えばiPhoneも大丈夫です。もうすでにAppStoreにあります。
https://itunes.apple.com/us/app/360cam/id878223339

Oculus Riftにも対応

51313f6e8c2ba570a56bcd4c9faf4709_large
Oculus Riftというのは、ゴーグル型の液晶ディスプレイです。このゴーグルをつけると、画面の外は全く見えません。ものすごく没入感があります。
360camはこのOculus Riftに対応しています。ジェットコースターの映像を360camで録画して、Oculus Riftでみたら強烈な迫力があると思います。
スカイダイビング、パラグライダーなどは簡単に体験できません。360camで録画してOculus Riftで見るというのは非常におもしろいと思います。Oculus Riftで肝試し、なんかもできそうです。

既にある

同様の物は既にKickstarterに出ていました。360camの方が一ヶ月後発ですが、ほぼ同時期です。
動画を見ているのに後ろを振り向ける! 360度撮れる動画カメラ CENTR Camera(センターカメラ)


360camとCENTR Cameraの違いは次の通りです。
・360camは上下方向に300度撮ることができる
・360camはGPSを内蔵しており、どこで撮ったか記録できる
・360camはジャイロ内蔵で画像を安定化させている
・360camはWifi対応
・360camはLANコネクタがある
・360camはOculus Rift対応
・360camはフランス人が開発
・CENTR Cameraはカメラ4つ搭載、360camは3つ
・CENTR Cameraの方が解像度が高い
・CENTR Cameraはアメリカ人が開発
どちらも数千万円規模でお金が集まりました。360camの方は約4200万円を集めて目標額を突破しました。
GO PROというアウトドア用カメラが先日NASDAQへの上場を発表しました。360度カメラも、個人的にはそれに近いぐらいの潜在需要があるんじゃないだろうか、と思います。GO PROを持って出かけるのも360度を持って行くのも手間に大差がないからです。

水中メガネもある

24412b08b444a2c60e218d3364c55ba9_large
この360camにつける水中メガネがあります。水中で撮影するためのものです。ダイビングの撮影に最適です。見た目がなんか面白いですね。

まとめ

360camは左右360度、上下300度とれるコンパクトなカメラです。
見る側は好きな方向を見られるのが魅力です。
2014/7/5まで支援募集中です。

コメント