歯医者のようなコテで、3Dプリントのバリをとって仕上げる Retouch3D(リタッチ3D)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Retouch3D1
Retouch3D(リタッチ3D)は、3Dプリンタで出力した物体を修正するコテです。
熱でわずかに溶かして表面をなめらかに修正することができます。

使い方

3Dプリンタで出力した物体、方式や機種にもよりますが、FDM方式だとかなりギザギザが目立ちます(特に垂直方向)。
Retouch3D2
印刷用の仮支柱を削り取っています。
Retouch3D3
さらにヤスリがけして仕上げ。なかなか大変です。
Retouch3D4
その作業を楽にしようというのが、このRetouch3D(リタッチ3D)です。先端が熱くなり、物体をわずかに溶かして修正することができます。
Retouch3D5
余分なひだの部分を外したり。
Retouch3D6
もっと厚みのある部分(支柱)も削り取れます。
Retouch3D7
電動のこぎりでも切ることはできますが、細かい切り取りが難しいです。
Retouch3D8
先端は取り替えて使えるようになっており、どう加工するかによって選べます。ものすごく歯医者っぽいです。
Retouch3D9
例えばこちらの耳かきのような丸い先端は、曲面を作るのに最適です。
Retouch3D10
顔のような曲面の部分でも、積層によるギザギザを周りに延ばして目立たなくできます。ただ削る場合と違って、多少デコボコは残ります。この辺は職人芸が要求されそうです。
Retouch3D11
がんばってコテで修正している場面。
Retouch3D13
できあがりがこちら。左が修正前、右が修正後です。バリなどがきれいに除去されています。ただ手間もそれなりにかかっているとは思います。
Retouch3D14
素材はPLA、ABS、光硬化樹脂に対応しています。ABSの場合は溶けると有害な気体が出るので、使用時に換気必須だと思います。
Retouch3D12

関連記事

08ef139b4c1fe0182c52fe3164843c20_large
3Dプリンターで作った物がきれいにツルツル! MagicBox
MagicBoxは、3Dプリンタで出力した物体を、丸ごとサウナに入れて表面を少し溶かします。するとツルツルになるというわけです。
細かい修正は全くできませんが、放り込むだけでよいというメリットがあります。

まとめ

お値段は、送料別で$149(約17,800円)です。送料は未定です。
2015/5/4まで注文受付中です。

コメント