机にやたらとリアルな月面を再現。アポロ11号50周年記念モデル Lunar Surface (ルナ・サーフェイス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic1.jpg
Lunar Surface (ルナ・サーフェイス)は、月の表面を精密に再現したアポロ11号50周年記念モデルです。

使い方

人類にとって身近なようで遠い存在、それが月です。ですが、かつて人類は月に到達し、その足跡を月面に残しました。それが、1969年のアポロ11号計画です。
Pic2.png
そして、その偉業達成50周年を記念して誕生したのが、このLunar Surface (ルナ・サーフェイス)です。月面を精密に再現しているので、地球に居ながらにして月面を体験することができるのです。
Pic3.png
アポロ11号計画50周年を記念し、計画で使われたロケットや宇宙船の模型と共に飾るのも一興です。
Pic4.jpg
もちろん、そのまま飾っても月面を身近に感じることができます。
Pic5.jpg
では仕組みです。この模型は、NASAの月周回衛星から捉えた、月面の3D画像を元に製作されています。そのため、非常に精密に月面が再現されているのです。
Pic6.png
この模型があれば、月やアポロ11号をより身近に感じることができますね。

まとめ

お値段はHK$616+送料HK$50で、HK$666 (約9500円)です。
2020/4/17まで支援受付中です。

コメント