ハンドル回して写真排出。超レトロなデザインがかっこいい(?)インスタントカメラ Jollylook Auto

admin




Pic1.jpg

Jollylook Auto (ジョリールックオート)は、レトロなデザインのインスタントカメラです。

使い方

デジカメ全盛の現代においても、フィルムを用いるレトロなカメラには根強い人気があります。ですが、本物のレトロなカメラは扱いが難しく、操作するだけでも一苦労です。

Pic2.jpg

このJollylook Auto (ジョリールックオート)は、見た目はレトロですが、中味は現代のテクノロジーを生かした製品となっているので、手軽にレトロな気分を味わうことができます。

PIc3.jpg

操作はほぼマニュアルです。ファインダーは手で開きます。

Pic4.jpg

フォーカスは、手でダイヤルを回し、本体を前後に移動させて合わせます。

Pic5.jpg

F値の違うレンズが5種類付いており、ダイヤルを回すことで替えることができます。

Pic6.jpg

シャッターはレバー式です。フラッシュは自動で作動させることができます。

Pic7.jpg

レバーを回して、写した写真を本体から取り出します。

Pic8.jpg

どこか懐かしい、レトロな雰囲気の写真を撮ることができます。

Pic9.jpg

では仕組みです。このカメラのフィルムには、フジフィルムのインスタントフィルム、インスタックスミニをそのまま使うことができます。

PIc10.jpg

本体裏のフタを開け、中にセットすればすぐに使えます。

PIc11.jpg

電源は内蔵バッテリーで、micro USBで充電することができます。1回の充電で、写真を80枚撮ることができます。

Pic12.jpg

これがあれば、手軽にレトロな雰囲気を楽しめますね。

まとめ

お値段は$89+送料$10で、$99 (約10,700円)です。

2020/2/18まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/jollylook/jollylook-auto-the-modern-vintage-instant-film-camera

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons